ニュース
» 2014年07月17日 22時49分 UPDATE

KDDI、ミャンマーで通信事業に参入

ミャンマーは携帯電話普及率が約10%と低く、今後の成長が期待される市場。

[ITmedia]

 KDDIと住友商事は7月16日、ミャンマーで通信事業に参入すると発表した。現地の合弁子会社KDDI Summit Global Myanmar(KSGM)を通じて、政府機関のミャンマー国営郵便・電気通信事業体(MPT)との事業協力という形式でサービスを提供する。

 人口約6500万人のミャンマーは携帯電話普及率がまだ約10%と低く、今後の成長が期待できる市場。モバイルと固定通信サービスで世界最高水準の品質を誇る“日本品質”のサービスを提供すると同時に、カスタマーサービスにも注力して満足度の向上を図る。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう