レビュー
» 2014年07月28日 11時00分 UPDATE

App Town 仕事効率化:タッチしてポンッ! スタンプで超簡単にスケジュール管理できる「Pocket Calendar」

スタンプを貼るだけでスケジュールを管理できるiOSアプリ「Pocket Calendar」が登場。早速その使い勝手を確かめてみた。

[村上万純,ITmedia]

 自分の予定をスマートフォンで管理しているが、なるべく簡単な操作でサクッと予定を登録したいという面倒くさがりなあなたにおすすめなのが、リクルートホールディングスの実証研究機関であるメディアテクノロジーラボが提供するiOSアプリ「Pocket Calendar」だ。ダウンロードは無料で、Android版は近日公開予定となっている。

スタンプを「ポンッ」と投げるだけの簡単なお仕事

 Pocket Calendarの特徴は、なんと言ってもそのお手軽な操作性だ。飲み会、お出かけ、家事など100種類以上用意されたスタンプの中から1つを選び、カレンダーの日付めがけてスワイプしてから予定をテキストで入力すればよい。テキストの入力が面倒なら、とりあえずスタンプだけ登録しておくだけでもいいだろう。色とデザインがハッキリしていてスタンプ自体の視認性が高いため、手帳にシールを貼る感覚で使え、それだけでもスケジュールの把握に役立つ。

photophoto 食事スタンプをスワイプで移動させている(写真=左)。日付の中に放り込んだら、あとは予定をテキスト入力するだけ(写真=右)

 スタンプは、「記号」「イベント」「アウトドア」「生活」のカテゴリに分かれており、おおよそのスケジュール登録には対応できる。また、「履歴」を使えばよく使うスタンプを素早く呼び出せるので便利だ。

photophoto 「記号」は飲み会や食事などのスタンプがある(写真=左)。「イベント」は誕生日や旅行の際に使える(写真=右)
photophoto 「アウトドア」はスポーツの種類が豊富にある(写真=左)。「生活」はお金や学校、病院など(写真=右)

 しっかりとスケジュールを管理したいという人向けに細かい設定も可能だ。予定の繰り返しや通知時刻の設定、場所やメモなどの入力ができる。予定の文字色も豊富にあるので、仕事とプライベート、友達と恋人など、色分けして登録すると一目で予定を把握できる。表示は、日曜初めの月次単位のカレンダーになっている。当日から1週間分の天気も分かる一覧性の高さも魅力だ。位置情報と連動した天気予報も確認できる。

photophoto 予定の繰り返しや通知時間などを設定できる(写真=左)。テキストの色を分けるとより分かりやすい(写真=右)

 また、iPhone標準搭載のカレンダーアプリとの同期も可能。ただし、カレンダーアプリでは日付をタップしないとその日に何の予定が入っているのか確認できないため、使い勝手の良いPocket Calendarを普段使いのスケジュール管理アプリにして、標準搭載のカレンダーアプリに予定をバックアップする感覚で使うのがいいだろう。

photophoto 画面左上にある歯車アイコンをタップすると、iOS標準搭載カレンダーと同期できる(写真=左)。予定の通知は5つの設定が可能(写真=右)
photo

関連キーワード

カレンダー | スタンプ | iOS | iPhone | リクルート


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.