ニュース
» 2014年08月01日 17時13分 UPDATE

ファーウェイ、セットトップボックス「U-NEXT TV」を8月15日から提供開始

ファーウェイ・ジャパンは、同社初となるセットトップボックス「U-NEXT TV」を8月15日から提供開始。8万本以上の動画を高画質で楽しめる。

[エースラッシュ,ITmedia]
Photo セットトップボックス「U-NEXT TV」

 ファーウェイ・ジャパンは2014年8月1日、U-NEXTの動画配信サービスに向けたセットトップボックス「U-NEXT TV」を発表した。提供を8月15日から始める。

 本製品には「Hi3719C デュアルコア 1.5GHz」(プロセッサコアはARM Cortex A9)を採用し、著作権保護として「ハードウェア Playready DRM」を搭載。ハードウェアデコーダーを搭載しており、動画をスムーズに再生できる。

 テレビとの接続端子はHDMI。スマートフォン/タブレットに保存した動画・写真を無線でテレビへ出力できるMiracastにも対応している。また、microSDに保存したデータを出力先の端末で再生することも可能だ。ファーウェイ・ジャパンがセットトップボックスを販売するのはU-NEXT TVが初。

製品名 U-NEXT TV
メーカー ファーウェイ・ジャパン
OS Android 4.2
サイズ(幅×高さ×奥行き) 約100(幅)×100(高さ)×22(奥行き)ミリ
メモリー 1GB RAM/4GB ROM
コンテンツ保護 ハードウェア Playready DRM
Wi-Fi 対応規格 802.11b/g/n 2* 2MIMO 2.4GHz
インタフェース USB 2.0、10/100 Base-T Ethernet、micro SD
AV端子 HDMI in、HDMI out、SPDIF
リモートコントロール 赤外線
電源入力 DC 5V 2A
チップセット Hi3719C デュアルコア 1.5GHz(ARM Cortex A9)
アプリケーション U-NEXT、Miracast、HDMI-CEC対応、YouTube、Androidアプリケーションなど

関連キーワード

テレビ | STB | U-NEXT | 華為技術(Huawei) | HDMI | 動画配信


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.