レビュー
» 2014年09月11日 15時30分 UPDATE

格安SIMで活用したい通話アプリまとめ――050IP電話サービス編 (1/2)

MVNOの格安SIMで、格安通話サービスを使って通話料を抑えようという本企画。今回は、050から始まる電話番号が発行され、より一般の電話に近い感覚で使える「050IP電話サービス」を試してみた。

[房野麻子,ITmedia]

 MVNOの格安SIMで、格安通話サービスを使って通話料を抑えようという企画。前回はLINEやカカオトークなど、同じアプリ同士で無料通話ができる「無料VoIPアプリ」を紹介した。

 今回は、050から始まる電話番号が発行され、より一般の電話に近い感覚で使える「050IP電話サービス」を試してみた。今回、利用してみたのは「050 plus」「SMARTalk」「LaLa Call」「Skype」の4つのサービスだ。

photo 左上から順に「050 plus」「SMARTalk」「LaLa Call」「Skype」

 050IP電話サービスは、VoIPアプリ同様、同じアプリ同士での通話は無料だ。さらに、050番号への通話も無料あるいは格安料金になる。一般の固定電話や携帯電話にかける際もリーズナブルな料金設定になっている。主要キャリアが通話し放題プランを提供し始めたのでインパクトは小さくなったが、050IP電話サービスは利用料が無料か、あっても少額なので、こちらの方がお得というケースはまだ多そうだ。

 また、050IP電話サービスは国際電話料金が格安なのが魅力だ。同じアプリ同士なら無料なのはもちろんだが、海外の固定・携帯電話宛ての通話料もかなり安い。海外滞在中に050IP電話サービスを使って電話をかける場合に、国内の料金設定と同じというのも大きなメリットだと言える。

 050から始まる電話番号がもらえるのもメリットの1つ。同一アプリ同士だけでなく、携帯電話や固定電話と通話が可能。相手に自分の電話番号が表示される(Skypeを除く)ので、折り返し電話を掛けてもらうこともできる。

 一方で、050IP電話サービスは110、119などの緊急通報ができない。完全に電話の代わりとして使えるわけではないのだ。また、料金の支払いのために個人情報やクレジットカード登録が必要で、初期登録時には本人確認のために着信可能な電話/携帯電話が必要になることもある。データ専用SIMを使って登録する場合は注意したい。

 なお、インターネット接続サービスや格安SIM/スマホには、専用の050IP電話サービスが用意されていることもある。例えば、フリービットの「PandA」を契約した人向けの「IP電話サービス」、BIGLOBE接続サービスを利用している人向けの「BIGLOBEフォン・モバイル」、「ServersMan SIM LTE」を契約した人向けの「ServersMan 050」、「SkyLinkPhone」を利用している人向けの050IP電話サービスなどが提供されている。格安SIM/スマホを契約する際、プロパイダのサイトなどを確認してみてほしい。

 4サービスのチェックは前回同様、端末はドコモの「AQUOS ZETA SH-04F」、SIMはSMS対応の「BIC SIM」を利用している。Androidアプリを利用して検証したので、iPhone版とは機能や操作が異なる部分があるのはご了承いただきたい。

050 plus――電話番号を選べる人気の050IP電話サービス

 050 plusはNTTコミュニケーションズが提供している050IP電話サービスだ。サービス名に「050」が含まれているので分かりやすく、050IP電話の中でも最もよく知られているサービスの1つと言える。

 利用申し込みはWebサイトからとされているが、アプリを先にダウンロードして、そこから手続きを進めることができる。アプリのメニューには自分の声を確認できる体験コーナーが用意されていて、申し込む前に音質を確かめられる。050 plusは月額300円(税別、以下同)の利用料がかかり、申し込みには個人情報の登録、クレジットカードと着信可能な電話が必要だ。電話は固定電話でも携帯電話でも構わないが、掛かってきた電話の音声自動応答に従って4桁の数字を入力することになる。050から始まる電話番号を1つ取得でき、番号は一覧から電話番号を選ぶか、下4桁の数字を決めて検索し、そこから好きな番号を選ぶことができる。なお、1つのアプリに登録できる電話番号は1つだけだ。

photophoto アプリの「050 plusを体感したい方はこちら」で、050 plusを申し込む前に音声品質を確認できる(写真=左)。電話番号を選択。一覧から選ぶか、下4桁を指定して検索し、そこから選ぶことができる(写真=右)
photophoto 本人確認の際は、任意の4桁の数字を入力し「確認コールの開始」をタップする。登録した電話番号に電話が掛かってくるので、自動音声に従って4桁の番号を入力する(写真=左)。登録が終わったら050 plusアプリに戻って取得した電話番号と、登録時に決めたパスワードを入力。これでサービスを利用できるようになる(写真=右)

 固定電話や携帯電話宛ての通話料は、それぞれ8円/3分、16円/1分。050 plusで通話すると、通話が終了するたびに通話料の目安が表示され、携帯電話で発信した場合よりどれだけお得になったかを確認することができる。キャリアや料金プランはNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルから選ぶことができ、得した分の金額を表示しないようにも設定可能だ。また、メニューを左にフリックすると「画像」アイコンが表示され、050 plus同士なら通話しながらメッセージ付きの画像を送ることもできる。待ち合わせのときなどに便利だ。

photophoto 本体の「電話帳」や「履歴」を参照して電話を掛けられる。「メッセージ」タブでは、050 plus同士でテキストメッセージのやり取りができる(写真=左)。通話中は保留やミュート、スピーカーフォンなどが利用可能(写真=右)
photophoto 通話が終了すると、通話料の目安や、主要キャリアの料金プランで通話した場合よりどれだけお得になったかが「おトク額表示」として表示される(写真=左)。050 plus同士の通話では通話中に写真や画像を送信できる。文字を加えることも可能だ(写真=右)
alt
alt

SMARTalk――利用料無料でサウンド調整機能が豊富

 SMARTalkはフュージョン・コミュニケーションズが提供するスマートフォン向けのIP電話サービス「IP-Phone SMART」のアプリだ。利用料無料というのが最大の魅力で、留守番電話機能や着信転送機能を使っても利用料はかからない。通話しなければ料金が発生しないというのがメリットだ(ただし、同じクレジットカードで複数の電話番号を取得する場合は番号発行手数料がかかる)。

 初期登録にはメールアドレスが必要で、これがそのままアカウントとなる。登録したメールアドレス宛てに仮登録メールが届き、そこに記載されたリンクから本登録を行う。本登録では個人情報やパスワード、クレジットカード(楽天銀行やスルガ銀行のデビットカードも対応)などの登録が必要だ。登録手続きが終わると新たに作られたマイページで必要なアカウント情報を確認できるので、それをSMARTalkアプリに入力することで実際にサービスを利用できるようになる。

photophotophoto 仮登録でメールアドレスを登録する。これがアカウントとなり、本登録用のメールがこのアドレスに届く(写真=左)。各種情報を入力して本登録を済ませるとマイページが作成される(写真=中)。マイページのアカウント情報にある「SIPアカウント情報」をアプリに入力するとサービスを利用できるようになる(写真=右)

 月々の利用料はかからないが、固定電話や携帯電話あての通話料は、ほかの050IP電話サービスと比較するとやや高めだ。しかし、30秒ごとの課金なので無駄な料金はかからない。また、どこに掛けても8円/30秒と分かりやすい。

 SMARTalkの特徴は、詳細なサウンド設定。エコーキャンセラ、ノイズキャンセラはほかのサービスでも用意されているが、SMARTalkではアカウントごとに、通信回線に応じた音声コーデックも設定できる。また、iPhone版は、端末を耳から離した際に自動でスピーカーモードに切り換わるように設定することも可能。

 通話中に通話内容を録音できる機能も搭載した。用件をあとから聞き返して確かめることができて便利だ。

photophoto シンプルなダイヤル画面。本体の連絡先は「コンタクト」から参照できる(写真=左)。短縮ダイヤルに登録すると、ワンタッチで電話を掛けられる(写真=右)
photophoto 通話中の画面。無料通話ができる相手に電話を掛けた場合は画面左上に「FREE」と表示される(写真=左)。SIPアカウントの詳細設定で、通信回線ごとに音声コーデックを設定できる。ここで有効になっている「iLBC」は、パケットロスや遅延が多いIPネットワークでも音質を保つとされる(写真=右)
alt
alt

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.