ニュース
» 2014年09月19日 10時41分 UPDATE

Twitterの公式アプリ、iOS 8対応のアップデート プロフィールのデザイン変更も

iOS版TwitterがiOS 8に対応し、バナー通知からの直接RTなどが可能になり、プロフィールページのデザインが見やすくなった。

[ITmedia]

 米Twitterは9月18日(現地時間)、iOS版公式アプリをバージョン6.13.3にアップデートした。米Appleが17日にリリースした「iOS 8」への対応やプロフィールページのデザイン変更などが行われた。

 iOS 8ユーザーは、Twitterを開いていなくても画面上部のバナーに表示(表示方法はiOS 8の[設定]→[通知]→[Twitter]で変更できる)される通知をタップすることで、直接RT、お気に入り、フォロー、DMなどができるようになった。

 twit 1 バナーとして表示されたDM
 twit 2 新しいプロフィールページ

 また、プロフィールページのデザインが変わり、これまでスワイプしないと表示されなかった概要テキストやWebサイトのURLがヘッダー画像の下に表示されるようになった。

 ヘッダー部分の下に「ツイート」「写真」「お気に入り」という3つのボタンが設置された(これまでは、「ツイート」「フォロー」「フォロワー」というタブになっていた)。他のユーザーがどんなツイートや画像を投稿しているかをチェックしやすくなった。

 新しいプロフィールページは、iOS 7以降のOSに対応する(アプリはiOS 6.0以降に対応)。

関連キーワード

iOS 8 | Twitter | iPhone


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう