レビュー
» 2015年02月16日 23時14分 UPDATE

ひと皮むけばAndroid:ケータイの中にスマホな一面を探す――写真で解説する「AQUOS K SHF31」 (1/2)

Androidを採用した話題のauケータイ「AQUOS K SHF31」。折りたたみボディにダイヤルキーという携帯電話スタイルの内側に、スマートフォンらしさはどれくらいあるのだろうか。

[平賀洋一,ITmedia]

 KDDIが2月下旬の発表を予定しているシャープ製のフィーチャーフォン「AQUOS K SHF31」は、OSにAndroid 4.4を採用し、スマートフォンのエッセンスを取り入れた次世代のケータイだ。シャープがau向けにフィーチャーフォンを供給するのは、2010年秋冬モデルの「AQUOS SHOT SH010」「SH011」以来、実に4年半ぶりになる。

photo 「AQUOS K SHF31」
photophoto カラーはレッド、ホワイト、ブラックの3色

 スマホシフトが進んだとはいえ使い慣れたケータイへの人気は根強く、スマホユーザーの2台持ち需要もあり、“フィーチャーフォン市場”は今後も一定の規模で存在し続けると見られている。現在のフィーチャーフォンは機能を通話やメールに絞ったシンプルなモデルが中心だが、いわゆるハイスペックなモデルへのニーズがないわけではない。通話のしやすさやダイヤルキーの操作感はそのままに、進化したカメラ機能やさまざまなWebコンテンツへの対応など、“スマホ並み”の機能を求める声も多いという。

photo ケータイなんです

 しかしフィーチャーフォンのプラットフォーム(auの場合はKCP+やKCP)では4G LTEのサポートが困難なうえ、スマホの世界で著しく進化し続けるカメラなどの機能(アプリ)を有効活用することもできない。シャープはau向け製品をAndroidスマホに注力していたこともあり、Androidを採用したAQUOS Kが開発されたという。またau向けケータイの開発には5年近いブランクもあることから、再参入に当たって開発コストを重視した一面もあるようだ。

photophoto サブディスプレイがある背面。レッドはストライプ模様が入っている(写真=左)。裏面にはカメラ、フォトライト、赤外線ポート、外部スピーカー、FeliCaポートなどをレイアウト。こちらはドット柄のツヤ消し仕上げだ(写真=右)

 AQUOS Kはいわゆる折りたたみボディの端末で、サイズは約51(幅)×113(高さ)×16.9(奥行き)ミリ(折りたたみ時)。見た目もサイズもまさにケータイそのものだ。防水性能もしっかり備わっているし、ストラップホールも用意されている。背面にはサブディスプレイがあり、ボディを閉じた状態でも時刻やメールの着信などが確認可能。充電端子はMicro USBだ。これは最近のauケータイでも同様なので、Androidだからというわけではない。もちろん、スマホやタブレットと同じケーブルで充電できるようにとの配慮からMicro USBを採用しているという。

photophoto 右側面には卓上ホルダ用の充電端子とストラップホールを(写真=左)、右側面にはボリュームキーとカメラキーを配置(写真=右)
photophoto ヒンジ部(写真=左)。端末の底面には、充電/外部接続端子としてMicro USBを採用した(写真=右)
photophoto ケータイそのものダイヤルキー。終話キーの長押しで電源を入れる(写真=左)。ダイヤルキーとメニューキーの部分には、指でなぞって画面上のポインターを動かす「タッチクルーザーEX」を内蔵した(写真=右)

 ケータイらしさを象徴するダイヤルキーには、指でなぞって画面上のポインターを動かす「タッチクルーザーEX」を内蔵した。すべての場面で使えるわけではなく、Webブラウザやカメラ、画像を表示したときなど、十字キーだけでは操作しにくいアプリ(あらかじめ決められたもの)でオンになる。このタッチクルーザーも以前のシャープ製ケータイに搭載されていた機能だが、ピンチイン/ピンチアウトで画像やWebページの拡大/縮小、フリックでスクロールやページ送りなど、スマホらしい操作性を提供するために再登板となったようだ。

 ダイヤルキーにはワンプッシュでWi-Fiテザリングを開始するキーが追加された。AQUOS Kは下り最大150Mbpsの4G LTEに対応しており、特にテザリング時にその威力を発揮する。なるべく簡単にテザリングを開始できるよう、専用キーが設けられたという。

photo テザリング専用キー

 テザリングについては、AndroidタブレットやスマホからAQUOS Kのテザリングをオン/オフできるアプリ「PASSNOW」も提供される。AQUOS KとBluetoothでペアリングしておけば、テザリングのコントロールや写真や動画などコンテンツの送受信も可能だ。AQUOS K発売に合わせてGoogle Playから配信する予定で、シャープ以外のAndroid端末でも利用できる。

photophoto Androidタブレット・スマホからAQUOS Kのテザリング機能をオン/オフできる「PASSNOW」アプリ
photo バッテリーは1410mAh。nanoSIMとMicro SDカードはバッテリーを外して脱着する
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.