ニュース
» 2015年03月03日 13時24分 UPDATE

Mobile World Congress 2015:美しすぎるアルミユニボディを継承した「HTC One M9」の質感に触れる

HTCの新端末「HTC One M9」は2000万画素カメラを搭載したアルミユニボディの5型スマホ。ゴールドの縁取りが美しいシルバーモデルの質感を、実機を触りながら体感してきた。

[村上万純,ITmedia]

 台湾HTCは、スペイン・バルセロナで開催中のモバイル関連見本市「Mobile World Congress 2015」の同社ブースで、Android搭載の新モデル「HTC One M9」を展示した。アジアを中心に3月中旬に発売する予定だ。会場の説明員は日本での発売は明言しなかったものの、旧モデルが得た実績や人気を考えると期待してもよさそうだ。

photophoto 「HTC One M9」シルバーカラーの正面と背面

 HTC One M9はシリーズを象徴するアルミユニボディを継承しており、背面のラウンドフォルムと相まってそのしっとりとした質感でしっかりと手になじむ。カラーはガンメタルグレイ、シルバー、ゴールド、ピンクの4色で、中でもシルバーはゴールドを縁取ったツートーンカラーになっており、より洗練された印象を与える。

photophoto 電源キーは右側面にレイアウトされた
photo シルバーカラーは側面をゴールドに縁取っている

 メインカメラは「UltraPixel」(少ない画素数でも画素を大きくすることで感度を上げるHTCの独自技術)を廃止して有効画素数を2000万に引き上げた。その代わり、インカメラのほうへ暗所に強い400万画素UltraPixelを採用。カメラ回りでは、各社がこぞってセルフィーを重視する傾向がみてとれる。そのほか、端末前面のステレオスピーカー「BoomSound」はDolby Audio Surround 5.1をサポートする。プロセッサにクアルコムの「Snapdragon 810」(2GHz/オクタコア)を採用したことにも注目したい。

photo 2000万画素のメインカメラ
photophoto 400万画素UltraPixelのインカメラ(写真=左)。正面下部にもスピーカーを搭載(写真=右)
photophoto カメラの起動画面(写真=左)。パノラマ撮影もできる(写真=右)
photophoto カバーを着けたまま時間や天気予報、着信通知などを光で知らせる「Dot Viewケース」

スマホ以外にも注力 さまざまな用途が考えられる国内未発売の小型カメラも

 HTC One M9と同時発表されたGPS内蔵のフィットネス向けトラッキング端末「HTC Grip」はショーケース内での展示のみ。2015年春の発売予定だが、日本での販売は予定していない。合わせて、ゲームメーカーValveと共同開発したバーチャルリアリティ(VR)HMD(ヘッドマウントディスプレイ)の「HTC Vive」も展示。先行するOculus Riftとどう差別化していくのか今後の展開に注目だ。

photophoto フィットネス用ウェアラブル端末「HTC Grip」
photo 「HTC Vive」を装着し、さまざまな角度に顔を向けながらゆっくりと歩みを進める女性

 同じく日本での発売予定はないものの、すでに米国や台湾で発売済みの「RE Camera」(リ・カメラ)も多数展示されていた。先が曲がった手のひらサイズの小型カメラで写真や動画を撮影でき、iOS/Android用アプリを使ってスマホやタブレットと連携できる。本体にグリップセンサーを内蔵しており、本体上部のちょうど親指が当たる部分に撮影ボタンを配置。静止画は最大1600万画素、動画はフルHD画質の撮影に対応し、スローモーション動画も録画できる。

 重量はわずか65.5グラムと非常に軽量で防水/防じん性能も備えるため、アクティブな使用にも耐える。会場の説明員は、「友達同士でちょっとした動画を送り合ったり、スポーツシーンで利用したりもできる」と話していたが、携帯性が高いためアイデア次第で使い方が広がりそうなアイテムだ。

photophoto 写真や動画を撮影できる手のひらサイズの小型カメラ「RE Camera」(リ・カメラ)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.