レビュー
» 2015年03月13日 16時00分 UPDATE

動画で手取り足取り:どこでもテレビ「エリアフリー TV Plus」でネットもテレビも満喫した

Wi-Fiだけでなく、新たにLTE回線でのリモート視聴に対応した「エリアフリー TV Plus」。視聴/録画アプリの使い勝手はどうだろうか。

[田中宏昌,ITmedia]

 「エリアフリー TV Plus」は、ソフトバンク コマース&サービスが手がけるアクセサリーブランド「SoftBank SELECTION」で販売されているリモート視聴に対応したデジタルテレビチューナーだ。地上/BS/110度CSといったデジタル放送の視聴や録画(別売の外付けHDDが必要)、LTE回線での外出先からの視聴をはじめ、番組表からの予約録画、録画番組の再生に対応する。

 製品の概要や設定方法などは上記の動画を参照していただくとして、今回はテレビ番組や録画番組の視聴、番組予約などを行う無料アプリ「エリアフリー TV Plus(Station TV)」の使い勝手を見ていこう。

 エリアフリー TV Plus(Station TV)は、Google Play(Android)やApp Store(iOS)から無料でダウンロードできるアプリだ。初回の設定が済めば、後は起動時に使用場所と視聴画質を選ぶだけで、テレビ番組を楽しめる。

 番組表はサクサク動作し、地上/BS/CSごとの選局も直感的に行える。録画した番組は、「録画番組」をタップすると録画した月ごとに番組が表示され、ジャンルや未視聴などにワンタッチで切り替えられる。キーワード検索にも対応するので便利だ。

 もちろん、録画途中からの追いかけ再生や、画面を上下に分割してテレビ番組とWeb画面を同時に閲覧する「ながら見」機能も備えている。番組の中で気になったお店や製品、場所などをWebで検索しながらテレビを満喫できるのがうれしい。

ht_affff01.jpg 録画番組の一覧。動作もスムーズだ

 本アプリから、BluetoothやUSBを使った外部機器への音声出力、HDMIおよびMiracastでの出力は行えないが、Wi-FI環境だけでなく新たにLTE回線でのリモート視聴をサポートしたことで、活躍の幅がグッと広がった。

 また、iPhoneやiPad、iPod touchといったiOS(7.1以降)端末だけでなく、Android(4.0以降)を搭載したスマートフォンやタブレット、さらにはアマゾンのKindle Fire(第2世代以降)シリーズにMac(アプリは別売)にも対応する。

 ネット環境さえあれば、ちょっとしたすき間時間でも視聴ができるため、たまったドラマや映画を見ることができなくて困っている人や、スポーツ番組をリアルタイムで見たいのに家までたどり着けないといった人にはうってつけの製品と言えそうだ。

ht_affff02.jpg さまざまなプラットフォームのスマートフォンやタブレット、Macでもワイヤレスでテレビ番組を楽しめる

 なお、製品の取り扱いはSoftBank SELECTIONオンラインショップ、銀座、表参道、渋谷、東京駅グランルーフフロント、横浜ザ・ダイヤモンド、六本木、大宮中央、千葉中央のソフトバンクショップなどだ。

ht_aft04.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.