インタビュー
» 2015年03月18日 19時47分 UPDATE

日本通信とVAIOに聞く、「VAIO Phone」誕生の背景と今後の展開

日本通信が発表した「VAIO Phone」が話題を集めている。3月12日の発表会後に、両社のキーパーソンにVAIO Phoneのこだわり、協業した理由、今後の展開などを聞いた。

[田中聡,ITmedia]

 VAIOブランドを冠した初のスマートフォン「VAIO Phone」が、日本通信から3月に登場(すでにオンラインで申し込みは可能で、3月20日に出荷を開始する)。ガラスパネルをあしらったボディに5型のHD(720×1280ピクセル)ディスプレイや2500mAhのバッテリーを搭載。OSはAndroid 5.0を採用した。VAIOはデザインを監修し、端末自体は日本通信が製造している。

 価格はSIMカードのパッケージ込みで5万1000円(税別、以下同)だが、24回分割払いでもOK。分割払いの場合、音声+定額データ通信のSIMとセットで月3980円、音声+1GバイトのSIMとセットで月2980円となり、大手キャリアが販売するスマホよりも安く利用し続けられる。

photo 「VAIO Phone」

 このVAIO Phoneは、どのようなところにこだわって開発したのか? 日本通信とVAIOがタッグを組んだ背景は? 日本通信 バイスプレジデント プロダクトマーケティング&デベロップメントの後藤堅一氏と、VAIO 東京オフィス 執行役員 マーケティング・セールス/商品企画担当の花里隆志氏を、3月12日の発表会後に直撃した。インタビューの内容は以下の動画をご覧いただきたい。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.