ニュース
» 2015年06月22日 09時51分 UPDATE

Apple、初代「iPad mini」販売終了でiOS端末はRetinaのみに

Appleが2012年10月に発表した7.5インチの初代「iPad mini」のApple Storeでの販売を終了した。これで、iOS搭載端末はすべてRetinaディスプレイ搭載端末だけになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleが、2012年10月に発売した初代「iPad mini」のApple Storeでの販売を終了した。これで、iOS端末はすべてRetinaディスプレイのみになった。米9TO5Macが最初に報じ、米The VergeがAppleの広報に確認を取った。

 mini 「iPadのモデルを比較する。」のページからiPad miniが消えた
 mini 2 ディスプレイはすべてRetinaになった

 初代iPad miniは、“より小さなiPad”として、7.9インチのディスプレイ(1024×768)搭載で登場した。7.9インチディスプレイのiPadとしてはその後、2013年10月発表の「iPad mini Retina(後にiPad mini 2と改称)」、2014年10月発表の「iPad mini 3」がラインアップに加わり、併売していた。

 本稿執筆現在、整備済み製品であればまだAppleのオンラインショップで購入できる。

 初代iPad miniは、最新OSである「iOS 9」もサポートする。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.