ニュース
» 2015年07月03日 10時26分 UPDATE

iOS 8.4で音楽のホームシェアリング機能がひっそり消滅

iOS 8.4のアップデートで「Apple Music」が使えるようになったが、同時にiOS 4.3からある「ホームシェアリング」での音楽のストリーミング機能がなくなった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleが7月1日未明に実施したiOS 8.4へのアップデートで、ホームシェアリングでの音楽コンテンツのストリーミング機能が使えなくなった。

 ホームシェアリングは、同じネットワークに接続する最大5台までのiTunesがインストールされているMac、Windows、iOS端末、Apple TV(第2世代以降)でiTunesのライブラリを共有する機能。

 これまでは、iOSでもiTunesライブラリにある音楽と映画をストリーミングできたが、iOS 8.4へのアップデートでストリーミングできるのは映画だけになった。

 home 1 従来のiOSでのホームシェアリングの説明では、音楽もストリーミングできることになっている

 iOS 8.4にアップデートした端末で「設定」→「ミュージック」を表示すると、「ホームシェアリング」の項目が消えている(「設定」→「ビデオ」には残っている)。

 home 2 iOS 8.4では「ミュージック」に「ホームシェアリング」の項目がない(右の「ビデオ」の設定には「ホームシェアリング」が残っている)

 このアップデートで、音楽ストリーミングサービス「Apple Music」が利用できるようになったが、今のところApple Musicに音楽のホームシェアリングに代わるような機能はない(月額1480円のファミリープランに加入すれば、最高6人までのユーザーがAppleの音楽カタログを共有することはできる)。

 Appleのサポートコミュニティーにはこの件に関する多数の不満が寄せられているが、本稿執筆現在、Appleからのコミュニティーでの回答はまだない。

関連キーワード

音楽 | iOS | Apple | ストリーミング | Apple Music | iTunes


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.