ニュース
» 2016年03月08日 17時30分 UPDATE

全3機種が対象:ソフトバンク、Android 6.0へバージョンアップ予定のスマホを公表【追記あり】

ソフトバンクのAndroidスマートフォンのAndroid 6.0へのバージョンアップ予定が公表された。対象は全3機種。

[井上翔,ITmedia]

 ソフトバンクは3月8日、ソフトバンクブランドで販売しているAndroidスマートフォンの「Android 6.0(Marshmallow)」へのバージョンアップ予定を公表した。

Android 6.0

 同日現在、Android 6.0へのバージョンアップを予定している機種は以下の通り。バージョンアップの開始時期や方法など、詳細については準備が整い次第、別途案内する。

  • Xperia Z5
  • Xperia Z4
  • Galaxy S6 edge

 上記以外の機種(タブレットを含む)については、Android 6.0へのバージョンアップを「現時点(3月8日時点)では予定していない」(ソフトバンク広報室)。バージョンアップの対象機種が追加される可能性についても「未定」(同)だ。

参考:OSバージョンアップで変わること

 Android 6.0では、ホームキーを長押しすることで表示中の画面に関係する情報がカードとして表示される新機能「Now on Tap」が追加される。また、操作が行われない状態が続くと従来よりも深いスリープモードに入る「Doze」機能や、使用頻度の低いアプリの電力消費を制限する「アプリスタンバイ」機能によってバッテリー持ちの改善を図っている。アプリのアクセス権を必要に応じて与える機能も追加される。

Now on Tapアクセス権限画面 Android 6.0の新機能「Now on Tap」(写真=左)と、アクセス権限の都度確認(写真=右)

 また、OSバージョンアップを機に、メーカー・キャリアが独自に機能やプリインストールアプリを追加・削除したり、端末固有のソフトウェア面での不具合を修正することもある。なお、OSバージョンアップが配布された端末では、原則として旧バージョンのOSに対するソフトウェア更新を行われなくなる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.