レビュー
» 2016年04月14日 22時20分 UPDATE

話せるヤツ:ついに出撃(発売)! これがシャープの人型決戦ケータイ「ロボホン」だ (1/2)

歌って踊れて話せるヤツ。しかもSIMフリー。それがシャープの「ロボホン」です。

[平賀洋一,ITmedia]

 シャープはモバイル型ロボット電話「RoBoHoN」(ロボホン)を5月26日に発売する。価格は19万8000円(税別、以下同)で、事前予約を4月14日に開始した。

ロボホン 「RoBoHoN」(ロボホン)
ロボホン ただのロボットだと思った? 実はケータイでした!

 ロボホンは二足歩行が可能な人型のロボットで、身長は約19.5センチ、体重は約390グラム。ボディーに新開発のサーボモーターを13個搭載し、身ぶり手ぶりを交えての会話や、ダンスなど滑らかな動作が特徴だ。約800万画素のカメラを使った写真撮影と、写真や動画をHD(720×1280ピクセル)相当の解像度を持つプロジェクターで投影することもできる。

ロボホン コンパクトな手の平サイズ
ロボホンロボホン 自然な通話スタイル
ロボホン OSにAndroid 5.0を採用。背面のタッチパネルでも操作できる
ロボホンロボホン ロボホンの正面(写真=左)と背面(写真=右)。

 無線LANのほか、LTEと3Gのモバイル通信に対応したことで、“携帯電話”として通話(VoLTE対応)することも。インターネットとメールも利用でき、Webページやメールの内容はロボホンがしぐさ付きで読み上げてくれる。地図、天気情報、ニュース、リマインダー、タイマーなどの基本的な機能も備えた。

 OSはAndroid 5.0で、ロボホン用アプリを追加することで機能を追加できる。追加アプリのダウンロードは6月末からの予定で、タクシーの配車やレシピの検索、グルメ情報の配信、クイズなどをラインアップした。アプリ開発用のAPIはサードパーティーにも公開する。なお、Android Playには非対応だ。

ロボホンロボホン 左側面(写真=左)と右側面(写真=右)
ロボホンロボホン 左側面の背中近くに電源とマナーキー(写真=左)がある。右側面にはSIMカードスロット。SIMはNanoサイズだ(写真=右)

 ロボホンは音声対話を実現するため、声で家電を操作する同社のAI「ココロエンジン」を採用した。音声認識や顔認識に加え、センサーを駆使したさまざまなコミュニケーション動作やキャラクター性を持たせることで、自然かつ愛着を持って対話できる。背面に2型QVGA(320×240ピクセル)のタッチパネルがあるが、ほとんど設定用のものだ。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう