ニュース
» 2016年05月18日 17時34分 UPDATE

KDDI、「Galaxy S6 edge SCV31」をAndroid 6.0へアップデート

KDDIは、スマートフォン「Galaxy S6 edge SCV31」をAndroid 6.0へアップデート。エッジスクリーンやロック画面、カメラなどに新機能が追加される。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDIは、5月19日からスマートフォン「Galaxy S6 edge SCV31」のアップデートを開始する。

Photo Galaxy S6 edge SCV31

 バージョンアップ後のAndroid 6.0では、エッジスクリーンでは各種ショートカットの登録や確認できる内容が強化され、ロック画面でのアプリのショートカット変更、カメラモードでの「ライブブロードキャスト」「動画コラージュ」、アプリ一覧の五十音順並び替え・検索機能、「スマートキャプチャ」機能、端末リセット方法、バッテリー使用量の最適化機能などが追加となる。

 また、通知パネル/クイック設定、電源キーの長押し画面、セキュリティ強化に伴うロック画面の操作方法、「Google設定」の場所、「auスマートパス」アプリの名称、アプリへのアクセス許可の確認方法などを変更。デザインは全体的に丸みを帯びた白ベースのものになる。

 通知バーに表示されたアイコン、またはホーム画面から「基本フォルダ」→「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」と操作するとアップデートファイルがダウンロードされてソフトウェアを更新できる。アップデートファイルのサイズは、4G(LTE/WiMAX 2+)/Wi-Fi利用時が約1.4GB、PC利用時が約2GB。更新時間はそれぞれ約35分で、ファイルサイズが大きいためWi-Fiの利用を推奨している。完了後のビルド番号はSCV31KDU1BPD5。OSアップデート後は設定などが初期状態にリセットされるため、再設定する必要がある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう