ニュース
» 2016年06月02日 20時41分 UPDATE

10点満点の「HTC 10」 日本でシルバーが出ない理由とSIMフリーモデルの可能性 (1/2)

au夏モデルにラインアップされたグローバルモデル「HTC 10」。au向けにレッドを用意する一方、海外にあるシルバーが出ない理由を聞いた。

[平賀洋一,ITmedia]

 KDDI(au)が2016年夏モデルにラインアップした「HTC 10 HTV32」は、HTCが4月に世界発表したスマートフォンのフラグシップモデル。従来の「HTC One」から「10」へブランドを刷新し「Power Of 10」というキャッチコピーも掲げた。

HTC 10 「HTC 10 HTV32」
HTC 10 カラーはカーボングレー、トパーズゴールド、カメリアレッドの3色

 「“10点満点”という言葉があるが、10は満点を意味する。HTC 10は全てにおいて満点を取りたいという思いが結実した製品」と話すのは、HTC NIPPONの玉野浩社長だ。高いスペックはもちろん、純正のハイレゾヘッドフォンと急速充電技術「Quick Charge 3.0」に対応したACアダプター、USB Type-Cケーブルなど、同梱品を充実させて「非常にお買い得感がある」(玉野社長)のも魅力だ。

HTC 10 HTC NIPPONの玉野社長

 Android端末の第1号機を製造するなど、Androidへのこだわりも強いHTC。「全ての機能で差別化したいが、昨今それは難しい。まずは全ての機能で満点を目指した」(玉野社長)と、ハイスペック化を進めることで他にはない特徴を打ち出したと説明した。

 見どころの1つが、「最新のメタル加工技術を使った」というボディー形状。エッジ部分を大胆にカットし、側面は鏡面、背面はマットとコントラストが際立つよう仕上げた。メタルボディーとディスプレイパネルのつなぎ目も極限まで小さくしたという。押す頻度が高い電源キーもメタル製で、指先で確認できるようスリット加工を施した。ホームキーは5.2型ディスプレイをフルに使えるよう、ディスプレイの外に配置。静電容量式で指紋センサーも内蔵する。

HTC 10 メタルボディーの「HTC 10」
HTC 10 エッジ部分の大胆なカットが特徴
HTC 10 側面の最薄部は約3ミリとスリム
HTC 10 カメラ周りの質感も高い
HTC 10 メタルフレームは正面にも回り込んでいる
HTC 10 電源キーもメタル製
HTC 10 USB端子はType-C

 ボディーカラーは、カーボングレー、トパーズゴールド、カメリアレッドの3色を用意した。グローバルモデルにあるグラシアスシルバーの国内投入はないという。玉野社長によると、「企画段階ではもっと多くのカラーがあり、実はグローバルでもレッドを含めた4色に絞り込んで準備した。その後、販売する市場ごとに調査するが、日本のauさんも独自の調査結果をもとに、(シルバーではなく)レッド、グレー、ゴールドの3色を設定された」という。海外でもレッドが販売される可能性はあるが、世界で最初に販売されるのは日本で間違いないという。

HTC 10 Googleと協力し、プリセットするアプリを整理した
HTC 10 パフォーマンスも向上したという
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう