まとめ
» 2016年07月03日 06時00分 UPDATE

あなたは分かる? 若者がSNSで使う「tkmk」「メンディー」「KSNM」の意味

若者がSNSで使う言葉の意味を紹介します。

[ITmedia]

 若者がSNSで使う言葉の意味を紹介する連載「今さら聞けないSNS用語集」から、いくつか気になる単語をピックアップして紹介していきます。一見すると分かりにくい言葉ばかりですが、一体どういう意味なのでしょうか。

「tkmk」は何の略?

 若者、特に女子高生がSNSでよく使う言葉に「tkmk」というものがあります。どういう意味か知っていますか。

ときめき

 tkmkは、「ときめき」をローマ字で表記した「tokimeki」から子音を抜き出して繋げたものです。「○○にtkmk」のように使います。ちなみにこのtkmkですが、比較的軽めの意味で使うことが多いようで、ちょっとかわいいものを見かけたときなどに使う人もいます。

「メンディー」って何?

 SNSで若者がよく使う「メンディー」という言葉。聞いたことすらない人もいるでしょうが、どんな意味か分かるでしょうか。

猫

 正解は「面倒くさい」です。「面倒」が「めんどい」になり、それがさらに「めんどぃ」となって、最終的に「メンディー」になりました。それには女子中高生に人気のEXILEメンバーである関口メンディーも関係しているようです。

「KSNM」とは?

 ツイッターなどのSNSでたまに見かける「KSNM」という言葉。スパイ映画なんかで出てくる暗号のようにも見えますが、一体どういう意味なのでしょうか。

眠い顔

 実は「くそ眠い」「くそ眠たい」の略なんです。「Ku・So・Ne・Mui」、それぞれの子音をくっつけて「KSNM」となっています。しかしこのKSNM、略語という割にはいざ口に出してみると、普通に「くそ眠い」と言う方が言いやすいという、略語としてはなんとも微妙な言葉です。SNSで使うにはいいですが、口に出すのには向いていないようです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう