レビュー
» 2016年08月03日 20時46分 公開

美しいカーブとSペンの機能拡張に注目――「Galaxy Note7」はココが進化した (1/2)

Samsungの最新ノート型スマホ「Galaxy Note7」が発表された。ディスプレイは両サイドの角が取れたエッジデザインとなり、表と裏の両面が丸みを帯びている。Sペンも大きな進化を遂げた。外観や新機能を中心に写真でレポートしたい。

[山根康宏,ITmedia]

 8月2日にSamsung Electronicsは新製品発表会「SAMSUNG Galaxy Note Unpacked 2016」を米ニューヨークで開催し、Galaxy Noteシリーズの最新モデルとなる「Galaxy Note7」を発表。どのような進化を遂げたモデルなのか、写真でその概要を見てみよう。

Galaxy Note7

角のない美しいデザイン、5.7型ながら細くて持ちやすい

 Samsungのフラグシップスマートフォンは、春に「Galaxy Sシリーズ」、秋に「Galaxy Noteシリーズ」が毎年発表されている。2016年のGalaxy Noteは8月2日という、例年よりも早い時期に発表された。Galaxy Note7は過去のGalaxy Noteシリーズの集大成ともいえる、あらゆる機能が進化した製品に仕上がっている。

Galaxy Note7 Galaxyシリーズ最新モデルの新製品となるGalaxy Note7発表会

 Galaxy Note7は5.7型のディスプレイを搭載したモデル。両サイドがカーブを描く「エッジディスプレイ」を搭載しており、端まで情報を表示できるため、幅は5.7型ながらもスリムな73.9mmに抑えられている。片手でも十分持てる大きさだ。

Galaxy Note7 本体両サイドがカーブしており、スリムなスタイルとなった

 背面もディスプレイ面と同様に左右の角を取ったデザイン。Galaxy S7 edgeと類似の形状だが、Galaxy Note7ではエッジ部分のカーブを表裏で同じ角度にそろえられており、ディスプレイ面と背面が完全対称なデザインとなった。

 カメラ部分はまだ出っ張りが若干残っているものの、その高さはわずかでありほぼフラットな形状となった。なおカメラはGalaxy S7 edgeと同じ1200万画素のセンサーと、F1.7のレンズを搭載する。

Galaxy Note7 背面側もエッジ部分が曲がっている。カメラ部分は出っ張りがほぼなくなる

 本体の下部にはイヤフォンジャック、USB Type-Cコネクター、スピーカー、Sペンが配置される。キャップレスだがIP68の防水に対応しており、このまま水を浴びても問題ない。

Galaxy Note7 エッジのカーブは上下同じ、完全対照の形状に

 側面のフレーム部分は本体の実サイズの厚み7.9mmより薄くなっている。なおブルーのモデルはこのフレーム部分がゴールド仕上げとなっている。こうしてみるとカメラの出っ張りがほぼなくなったことに気が付く。

Galaxy Note7 フレーム部分の厚みはさらに薄い

 Galaxy Note 7の本体カラーは4色が提供される。左からゴールド(Gold Platinum)、ブラック(Black Onyx)、ブルー(Blue Coral)、シルバー(Silver Titanium)で、金属の質感をそのまま生かした色合いが美しい。

Galaxy Note7 4色の本体カラー、定番の白はない

Sペンで書いたメモの常時表示や、ページ拡大・翻訳も可能に

 Sペンは本体から奥へ軽く押し込むとそのまま飛び出してくる。そのため、頭の部分はバネの入った構造となっている。なお、この機構は2015年のGalaxy Note5から採用されている。

Galaxy Note7 ワンプッシュで飛び出す専用スタイラスペン「Sペン」

 Galaxy Note7のSペンは本体と同じIP68の防水防塵(じん)対応となった。サイズはややスリムになり、ボタンの位置はより中央側に移動。ペン先は細くなり感度は倍になっている。

Galaxy Note7 防水対応、ペン先も細くなり進化したSペン

 Galaxy Note7の最大の進化はこのSペンだ。書くことはもちろん、Note7を使いやすくする新しい機能がいくつか追加されている。例えばペンを抜くか、ペンのボタンをダブルクリックして現れるこのエアコマンドメニューに見える「Translate」(通訳)、「Magnify」(拡大)なども今回新たに開発されたものである。

Galaxy Note7 操作が簡単になるSペン機能が追加

 ロックあるいはスリープ状態でも、Sペンを抜けばそのままメモを書くことができる。黒地のディスプレイ上に書くため、まるで黒板の上に字を書いているようにも見える。この機能はGalaxy Note 5に搭載され好調だったものだ。

Galaxy Note7 画面ロック状態でもSペンを抜くとメモが取れる

 Galaxy Note 7では、この書いたメモをスリープ中にも常時表示することができるようになった。Galaxy S7 edgeから採用されたAlways On Display(AOD)機能を拡張したもので、有機ELディスプレイの特性を生かしたもの。忘備録や買物メモなどを書いた後、そのまま表示できるのだ。

Galaxy Note7 メモはロック画面内に常時表示可能

 スマートフォン向けサイトなど、画面を指先でピンチアウトしても拡大表示することができないものもある。しかしMagnify機能を使えばSペンを画面に近づけるだけで、その部分を拡大してくれるのだ。細かい文字や画像を見たいときに有用だろう。ポップアップで倍率表示が出るので、その部分をタップすれば倍率の変更も簡単だ。

Galaxy Note7 Sペンをかざすと画面表示が拡大される「Magnify」
Galaxy Note7 倍率変更も簡単、150倍から300倍まで4段階
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう