ニュース
» 2016年08月25日 18時20分 公開

ソフトバンク、iPhone向け保証サービスで故障時の「配送交換」が可能に 最短で翌日午前中に到着

ソフトバンクが提供している「あんしん保証パック(i)プラス」「あんしん保証パック(i)」が、端末故障時の配送交換に対応する。故障時にiPhoneを使えない時間を短縮できる。

[井上翔,ITmedia]

 ソフトバンクは、iPhone用端末保証サービス「あんしん保証パック(i)プラス」と「あんしん保証パック(i)」(新規受付終了)において、端末の「配送交換」に対応する。対象機種は「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」「iPhone SE」で、9月5日から利用できる。(記事中の価格は税別)

あんしん保証パック あんしん保証パック

 従来の保証パックでは、Apple Store・Apple正規サービスプロバイダー・iPhone/iPad 店頭修理サービスでiPhoneを修理した際の代金の80〜90%(上限額あり)を月額利用料金から割り引く形で還元していた。しかし、修理代金の還元は手続きに一定の時間がかかる上、預かり修理となった際に代替機を借りられないケースもある(参考記事)。

 9月5日から新たに加わる配送交換は、My SoftBank(契約者用Webサイト)または113番(電話窓口)から申し込むと、最短で翌日の午前中に新品同等の交換機を受け取ることができる(一部地域を除く)。利用料金は1回2万円で、交換機の受け取り時に支払う。故障した本体は、交換機が入っていた箱に入れて返送する。返送用の伝票は箱に入っているものを利用する。

返送方法に関する記載に誤りがありました。お詫びして訂正いたします(8月26日15時50分)

概略図 配送交換の概略図

 同社では、iPhone以外の機種用の「あんしん保証パックプラス」「あんしん保証パック」「あんしん保証パックライト」における配送交換サービスの提供も検討している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう