レビュー
» 2016年12月21日 22時00分 UPDATE

通信速度定点観測:「UQ mobile」が下り平均80Mbps超え! 「IIJmio」のau回線版が登場――「格安SIM」5サービスの実効速度を比較(au回線・Y!mobile 11月編) (2/2)

[小林誠,ITmedia]
前のページへ 1|2       

平日夕方:「UQ mobile」が三冠! 「IIJmio」の下り速度も良好

 ランチタイム同様に、夕方はネットワークが混雑しやすい。ドコモ編では全体的に速度が持ち直してきたが、au系サービスについては若干持ち直したものと、やや速度が落ちたものに分かれた。

JR横浜駅西口での測定結果(夕方) JR横浜駅西口での測定結果(夕方)

 au系サービスの下り平均速度は、50.52Mbpsを記録したUQ mobileが午前・午後に続き1位となった。昼間よりもやや速度は落ちているが、立派すぎる速度だ。2位も午前・午後と同じくau純正のLTE NETで、速度がやや落ちたものの、22.77Mbpsで十分な速度だ。3位のIIJmioは、下り平均19.55Mbpsとランチタイムからだいぶ持ち直している。

 一方、mineoはランチタイムよりも数値は改善したものの、下り平均0.84Mbpsと振わない。mineoは、混雑時間帯は苦手なままのようだ。

 Y!mobileは下り平均40.11Mbpsで、若干速度が上がった。上り平均速度は下りとほぼ同じ速度でストレスを感じない。

JR横浜駅西口での測定結果(夕方)
計測開始時刻 下り平均(Mbps) 上り平均(Mbps)
UQ mobile 18:00 50.52 6.53
mineo 18:04 0.84 2.74
IIJmio 18:04 19.55 3.42
au(LTE NET) 18:00 22.77 5.02
Y!mobile 18:07 40.11 41.31

まとめ:「UQ mobile」の強さ際立つ11月 「IIJmio」は手堅くスタート

 前月の測定では、7月までの測定と比べ速度が大きく落ちていた。しかし、今回の測定では速度が持ち直し、特にUQ mobileの下り平均速度が最速80Mbpsを超えて絶好調となっている。

 au純正のLTE NETは2位に甘んじたものの、常に速度が安定して出ている。新規参入となったIIJmioは、派手さはないものの、ランチタイムでも下り平均5Mbps以上を記録しており、手堅い成果を出している。この結果は、ユーザー数が少ない今だけなのか? 今後の速度の推移に注目だ。

 一方で、mineoは辛い結果が続いている。KDDIグループと比較して速度において負けるのは仕方ない……と、思っていたが、今回新たに加わったIIJmioが健闘している所を見ると、もうひと頑張りを期待したい。

 Y!mobileは、非常に安定して速く、速度もなかなか落ちない。そういう観点ではお勧めの通信サービスといえる。上りの速度も良好なので、アップロードの多い画像共有サービスやクラウドストレージサービスも快適に使えるだろう。

 11月のau系MVNO&ワイモバイルの傾向を簡単にまとめると以下のようになる。

  • UQ mobile……本家以上に圧倒的な速さ
  • mineo……なかなか速度伸びず
  • IIJmio……常に5Mbps以上で底堅い
  • au(LTE NET)……常にストレスない速度
  • Y!mobile……下りも上りも快適な速度

 今回の測定結果はあくまで参考データの1つとして役立てていただき、他のさまざまな情報も踏まえて、より良いMVNOを選んでほしい。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう