レビュー
» 2017年03月02日 21時19分 UPDATE

Mobile World Congress 2017:XZ Premium以外の最新3モデルも要注目! Xperia XZs/XA1/XA1 Ultraの実機をチェックした (1/3)

ソニーモバイルの新機種は「Xperia XZ Premium」が目玉だが、それ以外の3機種はどんなスマホなのか? MWCのブースで実機をチェックした。

[村元正剛,ITmedia]

 ソニーモバイルコミュニケーションズが、2月27日からスペイン・バルセロナで開催されている「Mobile World Congress 2017(以下、MWC)」にて、Xperiaスマートフォンの新モデル4機種を発表した。発表会のレポートや速報記事では、フラグシップに位置付けられる「Xperia XZ Premium」を中心に紹介した。ここでは、その他の3機種について、MWCのソニーモバイルのブースで撮影した写真を中心に紹介する。

前モデルからカメラが大幅に進化した「Xperia XZs」

Xperia XZs 「Xperia XZs」。MWCのブースでは、クリアケース内に展示されており、実機に触れることはできなかった。カラバリはアイスブルー、ブラック、ウォームシルバーの3色

 5.2型のフルHDディスプレイを搭載したXperia XZsは、前モデル「Xperia XZ」の正常進化形と呼べるモデルだ。プロセッサはQualcommの「Snapdragon 820」を搭載し、メモリは4GB。より大画面で高解像度のディスプレイを搭載し、高速CPU(Snapdragon 835)を搭載する上位モデルがXperia XZ Premiumという位置付けだ。

Xperia XZs アイスブルーの背面パネルは、高純度のメタル素材「ALKALEIDO」にサンドブラスト加工を施し、微細に輝く
Xperia XZs 日本のメディア向けの説明会で、実機に触れることができた。しっくり手になじむサイズ感で、操作のしやすさでは上位モデルのPremiumに勝る印象
Xperia XZs ウォームシルバーの背面。さらっとした手触りだった
Xperia XZs 右側面に電源キー、音量調節キー、カメラボタンを搭載。電源ボタンは指紋センサーを搭載している
Xperia XZs 下部にUSB(Type-C)の接続口を備える

 最大の特徴は「Motion Eye」という新しいカメラシステムを搭載したこと。前モデルのXperia XZは2300万画素の画像センサーを搭載していたが、画像数をあえて1900万画素にし、個々のピクセルやピッチを広くし、さらにメモリを搭載した新型センサーを採用。これに合わせて、Gレンズも改良し、これまで苦手としていた暗い場所での撮影画質などが向上したという。なお、Xperia XZで初搭載されたレーザーAFやRGBC-IRなどの“トリプルセンサー”は引き続き搭載されている。

 そして、このMotion Eyeによって実現したのが、最大960fpsの「スーパースローモーション」撮影機能だ。960fpsで撮った動画を、1/32の30fpsで再生できる仕組みで、早く動く被写体をスローで見たり、肉眼で見るのとはまったく異なる表情を捉えたりできる。スローモーションの撮影モードでビデオ撮影を開始し、スローで撮りたい場面でタップするだけで、その瞬間が960fpsで撮影される。

 もう1つ「Predictive Capture(先読み撮影)」という新機能にも対応。シャッターが押される直前の画像が自動で記録され、4枚が提示される機能だ。「シャッターチャンスを逃さない」ではなく、「撮り逃した!」と思った写真が実は撮れているという、メモリ積層型のCMOSセンサーだからこそ実現した機能だ。

Xperia XZs アウトカメラのレンズには、ソニー製のGレンズを採用。少し突起していて、メタルのベゼルを備えている。上部には3.5mm穴のイヤフォンジャック。防水にも対応している
Xperia XZs インカメラは1300万画素。自分撮りを楽しむにも十分だろう
Xperia XZs 左側面にnanoSIMとmicroSDのスロットを備える
Xperia XZs スーパースローモーションは、ビデオ撮影モードからワンタッチで起動でき、画面に表示される赤いアイコンをタップした瞬間がスローになる
Xperia XZs Predictive Captureは、このように4枚の画像が自動で記録される。人形が勢いよく飛び出すを見た瞬間にシャッターを押したが、その直前の3枚のうち2枚に人形が写っていた
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう