ニュース
» 2017年03月14日 11時59分 UPDATE

Androidの謎の「Carrier Services」アップデートでレビュー欄が大喜利状態に

多くのAndroid端末に初めて「Carrier Services」というアプリのアップデートが表示され、戸惑うユーザーがGoogle Playストアに多数のレビューを投稿した。Googleの説明によると、通信キャリアが最新ネットワーク技術を採用するモバイルサービスを提供することを支援するアプリという。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは3月13日、「Carrier Services」のアップデートを日本を含む世界で公開した。インストールした覚えのないアプリのアップデート表示に戸惑うユーザーも多いようだ。

 carrier 1

 アイコンから、「Google Play開発者サービス」などと同じ、Googleのサービスを提供するためのプログラムであることは分かる。

 アップデート画面の「最新ニュース」には「多数の新機能とバグ修正」とのみ書いてあり、アプリの説明欄には「Carrier Servicesは通信キャリアが最新ネットワーク技術を採用するモバイルサービスを提供することを支援する。Androidメッセージアプリの拡張機能のサポートを含む」とある。

 Googleは2月、Androidの標準SMSメッセージングアプリ「メッセンジャー」の名称を「Androidメッセージ」に変更した。その際に、通信キャリアがRCS(Rich Communication Service)標準をサポートすれば、Androidメッセージでグループチャットや写真の共有などができるようになると説明した。今回のCarrier Servicesのアップデートはそのためのもののようだ。

 Google Playストアのレビュー欄(米国版)は、このアップデートに戸惑うユーザーによる「アップデートしたら端末が電子レンジになったよ」「空を飛べるようになったし、バッテリー持続時間が18時間になった」などの冗談が多数掲載されている。

 carrier 2

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

あなたにオススメの記事

- PR -

CADで設計した3Dデータを、そのままUnityへ―「Unity CAD Importer」

ホワイトハッカーが厳しくチェックした結果……“Simeji 裏話”

こんなアイテムが欲しかった!ゲームPCとユニーク小物が盛りだくさん