連載
» 2017年04月18日 06時00分 UPDATE

iPhone Tips:iPhoneの文字入力でカーソルを簡単に移動させる小技

[ITmedia]

 初心者向けにiPhoneのTipsを紹介する連載「iPhone Tips」。今回のテーマは「文字入力時のカーソルを移動させる方法」です。

 iPhoneで文字入力をしていると、修正や追記をするのにカーソルを移動させい時がありますよね。その際、指の当て方が悪いのか、うまく狙った場所にカーソルを合わせられなくてイライラした覚えがある方も多いのではないでしょうか。今回はそんなカーソル移動についてのイライラを解決する小技をご紹介します。

 では早速、試しに何か文字を入力してみましょう。今回はメモ帳を使って説明します。ちなみにカーソル移動の小技は3D Touchの機能を使うため、対応機種がiPhone 6s以降の方のみ利用できます(iOS 10.2.1で検証)。

 文字入力が終わったら、キーボードを「ぐっ」と押し込んでみてください。すると、キーボードにあった文字が消え、何もない空白の画面になります。この部分で指を上下左右に動かすと、カーソルを自由自在に移動させることができます。カーソルをスイスイ移動できるのはちょっとした快感なので、まだ試したことがない方はぜひお試しを。

 また、カーソルの移動だけでなく文字を選択することもできます。先ほどと同じく、キーボードを押し込んで、再度少し押し込むと選択範囲が表示されます。うまく選択するコツは押し込む→空白のキーボードはキープしたまま、1回少し力を抜いてから押し込むと、選択しやすいようです。カーソルの移動とはちょっとやり方が違いコツが必要なので、何度かトライしてみるといいでしょう。

※初出時にカーソル移動の操作方法を「長押し」と説明していましたが、3D Touchを使った操作なので「押し込む」と修正しました(4/18 9:31)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう