連載
» 2017年04月19日 06時00分 UPDATE

iPhone Tips:モバイルデータ通信でアプリの自動アップデートを防ぐ方法

[ITmedia]

 初心者向けにiPhoneのTipsを紹介する連載「iPhone Tips」。今回のテーマは「モバイルデータ通信でアプリの自動アップデートをしない方法」です。

 毎月の契約データ容量に制限がかからないように苦心しているiPhoneユーザーは多いのではないでしょうか。アプリをたくさんダウンロードしたり、動画を見過ぎたりすると、通信量の制限がかかって、いざというときに快適に使えなくなることも……。ここぞというときにストレスなく使えるよう、データ通信は無駄なく使いたいものですね。

 中でも注意したいのが、アプリのアップデート。アプリを最新の状態に保つためには、定期的なアップデートが必要で、その際に多くの通信量を必要とします。アプリのアップデートがどのような方法で行われているのか把握していない人は、一度下記の方法でチェックしてみましょう。

ここの「アップデート」と「モバイルデータ通信」がオンだと、モバイル回線でアプリが自動でアップデートされてしまいます。「モバイルデータ通信」がオフだと、Wi-Fiでのみ自動アップデートされます

 「設定」から「iTunes&App Store」を選択すると、自動でダウンロードが行われる設定を確認できます。今回見てほしいのは「アップデート」の項目。ここがオンになっていると、自動でアプリのアップデートが行われる設定になっています。そして、一番下に「モバイルデータ通信」の項目があります。この2カ所が両方オンだと、アプリのアップデートはモバイルデータ通信を使って行われることになります。

 「アップデート」はオンにしたままで「モバイルデータ通信」をオフにしておくと、Wi-Fi環境でしかアップデートが行われなくなるので、データ通信量に気を遣っている人は見直してみるといいでしょう。Wi-Fi環境でiPhoneを使うことが多い人は、こちらの設定にしておいた方が、データ通信量を節約できて安心です。

画面右下の「アップデート」から、アップデート可能なアプリを確認できます

 ちなみにアップデートが必要なアプリの確認は「App Store」アプリを開いて、画面右下にある「アップデート」から見ることができます。ここに赤丸の表示が出ていれば更新が必要なアプリがあるサインです。もしアップデートが必要なアプリがいくつかたまっている人は、先ほどの設定をしておきましょう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう