連載
» 2017年10月08日 10時00分 公開

変形可能! 元祖ロボットケータイ「フォンブレイバー 815T PB」(懐かしのケータイ)

特撮ドラマとのコラボモデルとして、劇中に登場する小型ロボットを再現したケータイ「フォンブレイバー 815T PB」。ドラマと同じように、ケータイがロボットに変形したり、持ち主と会話したりと遊び心あふれる製品でした。

[ITmedia]

 ITmedia Mobile編集部で発掘された、思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、ソフトバンクモバイル(現・ソフトバンク)の東芝(現・富士通コネクテッドテクノロジーズ)製ケータイ「フォンブレイバー 815T PB」です。

「フォンブレイバー 815T PB」(閉じた表面)
「フォンブレイバー 815T PB」(開いた表面) 「フォンブレイバー 815T PB」

 「815T PB」は、写真を見れば一目瞭然、ロボットに変形させることができるケータイです。昨年「ロボホン」が発売されましたが、ロボット型という点では「元祖」と言える製品です。

 ベースモデルとなった「fanfun. 815T」は、外装パネルを交換できる「着せ替えケータイ」ということを生かして、ハローキティやベルサイユのばら、阪神タイガース、美川憲一、倖田來未などなど、様々なコラボモデルが登場しました。

「フォンブレイバー 815T PB」(閉じた裏面)
「フォンブレイバー 815T PB」(閉じた側面)

 「815T PB」は、当時テレビ東京で放送していた特撮ドラマ「ケータイ捜査官7(セブン)」とのコラボモデルで、付属の「フォンブレイバーパーツ」(WiZ製)を装着することでドラマに登場する小型ロボット「フォンブレイバー」に変形でき、細い手足の関節は自由に動かせ、様々なポージングができます。

フォンブレイバーパーツ フォンブレイバーパーツ

 9年前の製品ですが、最近話題のAI(人工知能)を有する待受アプリ「バディトーク」がプリインストールされていて、フォンブレイバーの質問に答えたり日々の会話などを通じて学習していき、持ち主合わせた内容で会話をするようになります。また、ドラマのキャラさながらに様々な表情も見せてくれます。

立ちあがった正面
立ちあがった背面
キー回り
腕の拡大その1
足回りの拡大
腕の拡大その2

「フォンブレイバー 815T PB」の主な仕様

  • 発売日:2008年4月26日
  • キャリア:ソフトバンクモバイル
  • メーカー:東芝
  • サイズ:約50(幅)×102(高さ)×16(奥行き)mm
  • 重量:約107g
  • メインディスプレイ:2.4型(240×400ピクセル)クリアスクリーン液晶 26万色
  • サブディスプレイ:0.8型(96×39ピクセル)モノクロ有機EL
  • アウトカメラ:有効約 万画素CMOS
  • インカメラ:有効約32万画素CMOS
  • ボディーカラー:X07(ゼロナナ)シルバー、X01(ゼロイチ)ブラック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう