ニュース
» 2017年10月18日 11時15分 公開

6型有機EL搭載、 Daydreamにも対応 LGの「V30+」がドコモから登場【画像追加】

ドコモがLGエレクトロニクスの「V30+(L-01K)」を2018年1月以降に発売する。幅75mのボディーに6型有機ELを搭載。通常+広角のデュアルカメラも搭載している。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモは、LGエレクトロニクス製のスマートフォン「V30+ L-01K」を2018年1月以降に発売する。グローバルで発表されているV30の内蔵ストレージ64GBを128GBに拡張している。カラーはクラウドシルバーとオーロラブラックの2色を用意した。

V30+ L-01K 「V30+ L-01K」

 幅75mmの狭額縁ボディーに約6型QHD(1440×2880ピクセル)の有機ELディスプレイを搭載。画面のアスペクト比は従来の16:9よりも縦長の18:9を実現した。OSはAndroid 8.0をプリインストールしている。

V30+ L-01K クラウドシルバー
V30+ L-01K オーロラブラック

 アウトカメラは1650万画素と1310万画素のデュアル仕様となっており、もう1つの広角カメラを使ってワイドな写真を撮影できる。F値が1.6という明るいレンズを備えているのも大きな特徴だ。映画クオリティーの動画を撮影できるという「Cine Video」も用意した。インカメラは510万画素。

 オーディオ面にも注力し、「V20 PRO」と同じく「バング&オルフセン(B&O)」のチューニングを採用。また4つのDAC(クアッドDAC)も継承しており、D/A変換時に発生するノイズをより低減できるようになる。

 GoogleのVRプラットフォーム「Daydream」に対応した数少ないモデルの1つであり、dTVがDaydreamに対応する予定。また、V30+を購入すると、ヘッドマウントディスプレイ(Daydream View)を数量限定でもらえるキャンペーンを実施する。

 防水・防塵(じん)にも対応し、ワンセグも利用できる。通信速度は下り最大788Mbps。

V30+ L-01K 重量は約158g。6型クラスだと200g前後が多いため、手にするととても軽く感じる
V30+ L-01K クラウドシルバーの背面は蒸着仕上げ
V30+ L-01K
V30+ L-01K
V30+ L-01K
V30+ L-01K
V30+ L-01K 側面に電源キーを搭載しておらず、背面の指紋センサーを電源キーとして使う。スリープオン/オフをする場合もこのボタンを押すので、慣れるまでに違和感を覚えるかもしれない
V30+ L-01K スリープ中にもディスプレイに各種情報を表示させられる
V30+ L-01K 側面はベゼルが細い
V30+ L-01KV30+ L-01K カメラの通常撮影(写真=左)と広角撮影(写真=右)をワンタッチで切り替えられる
「V30+ L-01K」の主な仕様
機種名 V30+ L-01K
メーカー LGエレクトロニクス
OS Android 8.0
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 835/2.45GHz 4コア+1.9GHz 4コア
メインメモリ 4GB
ストレージ 128GB
外部メモリ microSDXC(最大256GB)
ディスプレイ 約6型QHD 有機EL
解像度 1440×2880ピクセル
連続通話時間 未定
連続待受時間 未定
バッテリー容量 3060mAh
アウトカメラ 有効約1650万画素CMOS+有効約1310万画素CMOS
インカメラ 有効約510万画素CMOS
ボディーカラー クラウドシルバー、オーロラブラック
サイズ 約75(幅)×152(高さ)×7.4(奥行き)mm
重量 約158g

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう