ニュース
» 2017年12月17日 06時00分 公開

iPhone/iPadで「このページを保存したい!」 そんな時はお手軽「PDF化」

「あのページになんて書いてあったかな」と再び探してみると「ページが見つかりません」と消えてしまっていることもしばしば。iOS11のSafariで「PDFを作成」機能を使って保存してみましょう。

[ITmedia]

 iOS11で追加されたiPhone、iPadの新機能を紹介する連載「iOS11 Tips」。今回紹介する機能は「Safariで使えるPDF化」です。

iOS11の新機能「PDFの作成」

 ネットの海にはさまざまなサイト、記事がありますが、「あのページになんて書いてあったかな」と再び探してみると「ページが見つかりません」と消えてしまっていることもしばしば。そういった体験をしたことがあると、「このページは個人的に保存しておきたい」と思う方もいるのではないでしょうか。

 Webページの保存方法としては、htmlの階層ごと保存してしまう方法や、Evernoteなど外部サービスに保存する方法などがあります。しかし、htmlでの保存では複数のファイルを保存しなければならず、外部サービスにはサービス終了のリスクがあります。

 これらの他に、iOS11のSafariでは「PDFを作成」という保存方法が用意されています。ページから画像などコンテンツを切り出すのでなければ、1ファイルにページがレイアウトそのままに保存されるので管理しやすいといえるのではないでしょうか。それでは、使い方を見ていきましょう。

 Safariで保存したいページを開き、下部中央の共有ボタンを押してメニューを表示します。メニュー下段を右にスクロールすると「PDFを作成」ボタンがあるので、これをタップします。

「PDFを作成」の使い方

 するとPDF化されたページが表示されます。そのまま保存するなら左上の完了ボタン、文字やマーカーを書き込むなら右上のペンアイコン、メールなどでPDFを共有するなら左下の共有ボタンを押します。目的に応じて、使い分けてください。

表示したPDFをどうするか、「完了」「編集」「共有」から選びます
ここでは完了を選びました。やはりPDFを保存しなくていい、という場合にはここで「PDFを削除」を選択します
保存を選んだ場合、端末上のどこに保存するか選択できます

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう