レビュー
» 2018年02月20日 06時00分 公開

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:“カメラフォン”の異名はだてじゃない! 「OPPO R11s」徹底検証 (1/4)

ついに日本参入を果たした中国OPPO。その第1弾スマートフォン「OPPO R11s」はカメラがウリ。さっそく試してみるのである。

[荻窪圭,ITmedia]

 カメラフォンで知られる中国OPPO(オッポ、広東欧珀移動通信)が、いよいよ日本に上陸。その初号機が「OPPO R11s」。

 もし“第一印象”だけで語って終わりにして良いのなら、もう話はシンプル。

 ボディーカラーは鮮やかだし、画面はキレイで見やすいし、発色も良いし、レスポンス良いし、人を撮るとキレイだし、結構ちゃんと背景がボケる。もう「買っちゃえ!」って感じ。

 いつもモデルをしてくれている子(ちなみに成人式を迎えたばかりの女子大生です)も、珍しく「コレ欲しい!」と言っていたくらい。

OPPO R11s OPPO R11s(Red)

 何というかな、R11sは“見せ方”がうまいのだ。カメラを立ち上げて構えたとき、画面に写る絵がキレイで見やすいし、顔検出の速さやレスポンスも良いし、背景をぼかしたときのプレビューも良い。

 触ってみて気になったのは、「そこまでiPhoneに似せなくてもいいんじゃね?」ってことくらい。

R11sとiPhone 7 Plus 上が「iPhone 7 Plus」、下がR11s。アウトカメラ回りが似ている……

 ともあれ、使っていて楽しくても「実際に撮れた絵がどうなのか?」というところが大事なので、ちゃんと検証するのだ。

カメラのUIは「iPhoneそっくり」

 R11sのウリは「ポートレート」と「暗所の強さ」。まあ、ややこしいことは考えずに、人物から撮ってみよう。

 カメラアプリの画面は、こんな感じ。

カメラアプリ OPPO R11sのカメラ画面

 真ん中にある「絞り」のようなデザインのアイコンは「セルフタイマー」。これ、セルフタイマーのアイコンとしてはあり得ないので、ミスじゃないかなあと。アップデートで直すべきだと思う。

 ちなみにこちらはiPhoneのカメラアプリ画面。“そっくりさ”がネタになるレベルであることが分かってもらえるかと。

iPhone Xのカメラ 「iPhone X」の標準カメラアプリ。タイムラプスやポートレートが「半角カナ」なのか「全角カナ」なのかの違いはあるけれど、とても似ている

 ついでにカメラの設定も。Androidスマホではカメラアプリ内でカメラ設定ができる機種が多いけれど、R11sは端末設定からカメラの設定をするようになっている。こんなところもiPhoneとそっくり。

 こんな感じだから、iPhoneとの併用やiPhoneから乗り換えても、カメラの操作で戸惑うことはないけれど、「ここまで似せなくても良いんじゃない?」「マネしなくても戦える戦力持ってるのになぁ」とは思ってしまう。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう