連載
» 2018年02月24日 10時00分 公開

ワンプッシュオープンボタンを初搭載 世界最薄「mova P504i」(懐かしのケータイ)

今ではおなじみの「ワンプッシュオープンボタン」。それ初めて搭載したケータイが「mova P504i」です。新しい機構や新機能を搭載しながらも、当時の折りたたみケータイとしては最薄となる厚さ16.8mmを実現しました。

[ITmedia]

 思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、NTTドコモの松下通信工業(現・パナソニック モバイルコミュニケーションズ)製ケータイ「mova P504i」です。

「mova P504i」(閉じた正面)
「mova P504i」(開いた正面) 「mova P504i」

 P504iは当時の折りたたみケータイとしては世界最薄となる厚さ16.8mmの超薄型ボディーが特徴でした。重量は、mova 504iシリーズでは唯一100gを切る約99gで、シリーズ最軽量機種でもありました。

 Pのケータイの代名詞にもなった「ワンプッシュオープンボタン」は、P504iが初搭載。この機種を皮切りに、しばらくはパナソニック製ケータイ限定で搭載されました。

ワンプッシュオープンボタン Pケータイの代名詞にもなった「ワンプッシュオープンボタン」

 また、P504iはPのドコモ向け機種としては初めてTFT液晶を採用。表示色数も先代の「mova P503iS」(STN液晶)の256色から6万5536色に向上しています。

 ドコモでは、504iシリーズから全国エリアで使える「800MHz帯」と、東名阪(関東甲信越・東海・関西)エリア限定でサービスしていた「1.5GHz帯」(シティフォン/シティオ)の両方に対応するようになりました。単に薄型化したわけではなく、新たな機構を組み込んだり、より高機能に進化していることに驚かされる端末でした。

キー回り
右側面

(機材協力:携帯市場)

「mova P504i」の主な仕様

  • 発売日:2002年6月5日
  • キャリア:NTTドコモ
  • メーカー:松下通信工業
  • サイズ:約50(幅)×100(高さ)×16.8(奥行き)mm
  • 重量:約99g
  • メインディスプレイ:2.1型(132×176ピクセル)TFT液晶 6万5536色
  • サブディスプレイ:モノクロSTN液晶
  • ボディーカラー:グレイスシルバー、オニキスブラック、シルキーピンク

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう