ニュース
» 2018年02月26日 16時50分 公開

Mobile World Congress 2018:「Xperia XZ2」「Xperia XZ2 Compact」発表 デザイン刷新、画面は5.7型と5.0型

ソニーモバイルがMWC 2018に合わせて「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Compact」を発表。3Dガラスを採用して曲面を生かしたデザインに。画面のアスペクト比は18:9になった。

[田中聡,ITmedia]

 ソニーモバイルコミュニケーションズが2月26日(現地時間)、スペインのバルセロナで開催されているモバイル関連の展示会「Mobile World Congress 2018」にて、XperiaスマートフォンとXperiaスマートプロダクトなどの新製品を発表した。2018年春以降、世界各国で導入する。

 ラインアップは、スマートフォンが「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Compact」、スマートプロダクトが「Xperia Ear Duo」。この他、「2-way USB オーディオ&ワイヤレスステレオヘッドセット SBH90C」と「オープンイヤー ステレオヘッドセット STH40D」も発表した。

Xperia XZ2とXperia XZ2 Compact

Xperia XZ2 5.7型フルHD+液晶を搭載した「Xperia XZ2」

 Xperia XZ2は、従来のXperiaからデザインや素材を大きく変更したフラグシップモデル。背面に丸みを帯びた3Dガラスを採用したことで持ちやすさに注力した他、側面には金属を使うことで高級感も演出している。これまでは側面にあった指紋センサーが背面のカメラ下に移動し、よりすっきりした印象になった。カラーはリキッドブラック、リキッドシルバー、ディープグリーン、アッシュピンクの4色で、光や角度によって見え方が変わるという。

Xperia XZ2Xperia XZ2 左からリキッドブラック、リキッドシルバー
Xperia XZ2Xperia XZ2 左からディープグリーン、アッシュピンク

 ディスプレイは約5.7型のHDR対応フルHD+液晶を搭載。画面のアスペクト比が従来の16:9よりも縦長の18:9になった。なおディスプレイの左右は狭額縁設計だが、上下はレシーバーやインカメラ、SONYロゴなどでスペースが割かれている。

 プロセッサはQualcommのSnapdragon 845を搭載。IP65とIP68の防水、防塵(じん)性能もサポートする。ワイヤレス充電規格の「Qi」にも新たに対応した。LTEの通信速度は理論値で下り最大1.2Gbps。

 有効約1920万画素のアウトカメラには、引き続きMotion Eye(モーションアイ)カメラシステムを採用。メモリ積層型CMOSセンサーによって、画像を素早く読み込んでゆがみを抑えたり、スーパースローモーション映像を撮ったりできる。Xperia XZ2ではさらに、明暗の細かな階調を表現できる「HLG(Hybrid Log Gamma)」フォーマットの4K HDR動画が撮影可能になった。960fpsのスーパースローモーション撮影は、フルHDサイズにも対応した。

 インカメラは500万画素で、1300万画素の「Xperia XZ1」からスペックダウン。なお前面と背面どちらのカメラもシングル構成となっている。

 カメラで読み込んだ顔の3D画像からアバターを作成できる「3Dクリエーター」は、インカメラでも3Dスキャンが可能になった。

 ソニーモバイル独自の高画質エンジン「X-Reality for mobile」が進化したことで、HDR動画への変換が可能になった。前面には「Xperia史上最大音量」をうたうステレオスピーカーを装備する。

 視聴している映像やゲームなどの音をリアルタイムに解析して、コンテンツに合わせて本体が振動するダイナミックバイブレーションシステムも採用した。

 Xperia XZ2 Compactは、Xperia XZ2の性能を幅65mmのコンパクトボディーに凝縮させたモデル。XZ2同様に画面のアスペクト比が18:9になり、従来のCompactシリーズよりも大きく高解像度な5.0型フルHD+液晶(HDR表示対応)になった。カラーはブラック、ホワイトシルバー、モスグリーン、コーラルピンクの4色。

Xperia XZ2 5.0型フルHD+液晶を搭載した「Xperia XZ2 Compact」

 Snapdragon 845プロセッサ、IP65とIP68の防水、防塵(じん)性能、背面の指紋センサー、進化したMotion Eyeカメラ、動画のHDR変換などはXperia XZ2と同じだ。大音量のフロントステレオスピーカーも搭載する。

Xperia XZ2Xperia XZ2 左からブラック、ホワイトシルバー
Xperia XZ2Xperia XZ2 左からモスグリーン、コーラルピンク

 2モデルとも2018年3月から世界各国で発売される。

「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Compact」の主な仕様
機種名 Xperia XZ2 Xperia XZ2 Compact
メーカー ソニーモバイルコミュニケーションズ
OS Android 8.0
プロセッサ Snapdragon 845
メインメモリ 4GB
ストレージ 64GB
外部メモリ microSDXC(最大400GB)
ディスプレイ 約5.7型フルHD+ HDR対応液晶 約5.0型フルHD+ HDR対応液晶
解像度 1080×2160ピクセル
バッテリー容量 3180mAh 2870mAh
アウトカメラ 有効約1920万画素CMOS
インカメラ 有効約500万画素CMOS
ボディーカラー リキッドブラック、リキッドシルバー、ディープグリーン、アッシュピンク ブラック、ホワイトシルバー、モスグリーン、コーラルピンク
サイズ 約72(幅)×153(高さ)×11.1(奥行き)mm 約65(幅)×135(高さ)×12.1(奥行き)mm
重量 約198g 約168g

Xperiaスマートプロダクトと周辺機器

 スマートプロダクトのXperia Ear Duoは、耳をふさがずに、周囲の音を聞きながら音楽鑑賞や会話ができるBluetoothヘッドセット。Mobile World Congress 2017では「Xperia Ear Open-style CONCEPT」として参考展示されていたが、製品化が決まった。3月に発売し、2月26日に予約を開始する。

 ソニー独自の音導管設計を採用し、左右が完全に独立している。「Xperia Ear」と同様に、ハンズフリー通話はもちろん、音声でメッセージを送受信したり、ヘッドジェスチャーで「はい」「いいえ」の操作をしたりできる。カラーはブラックとベージュゴールド。

Xperia XZ2Xperia XZ2 「Xperia Ear Duo」

 2-way USB オーディオ&ワイヤレスステレオヘッドセット SBH90Cは、USB接続とBluetooth接続の両方に対応した、ネックバンドスタイルのヘッドセット。USBはType-Cにに対応しており、対応するXperiaスマートフォンと接続することで、ハイレゾオーディオを楽しめる。音楽を再生しながら、USB接続したスマートフォンからSBH900への給電もできる。BluetoothはQualcommのaptXに対応している。カラーはブラックとシルキーベージュ。

Xperia XZ2 「2-way USB オーディオ&ワイヤレスステレオヘッドセット SBH90C」

 3.5mmイヤフォンジャックに接続できるオープンイヤー ステレオヘッドセット STH40Dは、耳をふさがずに、周囲の音を聞きながら音楽を聴いたり会話をしたりできる。リモコンから通話や音楽の操作ができる他、GoogleアシスタントやSiriの起動も可能。カラーはブラック、グレー、ピンク、グリーン。

Xperia XZ2 「オープンイヤー ステレオヘッドセット STH40D」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう