ニュース
» 2018年02月28日 06時00分 公開

Mobile World Congress 2018:オンキヨーの4Kタブレット「GRANBEAT」参考展示、2018年前半の発売を目指す

オンキヨーが、タブレット「GRANBEAT Hi-Res Tablet」をMWC 2018で参考出展している。2160×3840ピクセルの4Kディスプレイを搭載。DTSが新開発したサラウンド音声技術「DTS:X Premium」にも対応する。

[井上晃,ITmedia]

 オンキヨーは、2月26日(現地時間)からスペイン・バルセロナで開催されているMWCにて、GRANBEATの新シリーズとなるタブレット「GRANBEAT Hi-Res Tablet」を参考出展した。

 「GRANBEAT Hi-Res Tablet」は、OSにAndroid 8.0を搭載した12.5型のタブレット。ディスプレイ解像度は3840×2160ピクセルで、4Kコンテンツの視聴に対応する。会場で実際に映像を視聴したところ、4Kならではの鮮明な映像を楽しめた。ちなみに、HDR表示には対応しない。

オンキヨー 12.5型の4K Ultra HDディスプレイを搭載した「GRANBEAT Hi-Res Tablet」

 同社がタブレット市場に参入した背景には、世界的にVODサービスが普及しているというトレンドがある。スマホよりも大画面なタブレットに同社の音響技術を組み合わせたことで、動画市場のニーズを狙う。一方で、同社は「ただ大画面なだけでは、後発のタブレットもう売れない」とも認識しており、GRANBEATシリーズの個性的なデザインをそのまま生かしたカタチとなった。

 プロセッサは、4Kコンテンツの再生を円滑に行えるようQualcomm製Snapdragonの800番台を搭載する予定。しかし、現時点では参考展示であり、製品版に搭載される型番は未定。展示品にSIMスロットはあったが、製品版もSIM(モバイル通信)に対応するかは未定。その他、バッテリー容量やストレージなどのスペックも定まっていない。

 スマートフォンのGRANBEATと同じく、本体は分厚い。サイズ感は「分厚いまな板」を想像するとよい。四隅に計4機のスピーカーを搭載する他、左側面にはGRANBEATシリーズの象徴でもあるバランス出力端子や、ロータリータイプのボリュームスイッチを備える。

オンキヨー 背面。片手で持つには大きすぎる
オンキヨー タブレット下部側面には専用端子が設けられ、スタンドを兼ねたドッグステーションに設置できる。端子両脇には凹凸があり、セット時のズレを防止する
オンキヨー 左側面には3.5mm端子と2.5mm端子、ボリュームスイッチを配置
オンキヨー 右側面には電源キーと曲送りのボタン類を配置。SIMカード&microSDスロットやUSB Type-Cポートも備える
オンキヨー アウトカメラは「一応付いている」というレベル
オンキヨー インカメラはビデオ通話などにも利用できそうだ

 オーディオ面の特徴は、タブレットとして、DTSが新開発したサラウンド音声技術「DTS:X Premium」を世界で初めて(※同社調べ)サポートすること。映画館のサラウンドのように音の動きが再現されるため、より臨場感がある視聴体験が可能になる。また、同機はファームウェアアップデートによって、4chディスクリートスピーカー出力にも対応する予定だ(※「ディスクリート」とは音声信号が独立して伝送されること)。

 左右に2個ずつ、計4基搭載されるスピーカーには、同社独自開発のODMD(Onkyo Double-Molding Diahragm)振動板を用いる。側面のボリュームスイッチを回転させると、0〜60の61段階で滑らかに音量を調整できた。会場の騒音が激しかったので、細かい音質については言及を避けたい。

 マルチルーム対応のオーディオストリーミング技術「DTS Play-Fi」をサポートする。家にあるコンポなど、対応スピーカー全体に音楽をワイヤレスで伝送できる。

 同機は基本的にAndroidタブレットであり、ディスプレイをタッチしてさまざまなアプリを操作できる。なお、現時点でオリジナルのアプリなどは搭載されていない。

 販売時期は2018年の春から夏にかけてを想定しているが、詳細な時期や価格帯は未定。一般的なAndroidタブレットと比較して価格が高額になると予想されるため、同社はB2Bも視野に入れ、販売計画を練る。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう