ニュース
» 2018年03月08日 11時00分 公開

Huaweiの「Mate 10 lite」と「nova lite 2」で顔認証が利用可能に

ファーウェイ・ジャパンが、SIMフリースマホ「Mate 10 lite」と「nova lite 2」に顔認証機能を追加。3月9日のソフトウェアアップデートで利用可能になる。Mate 10 liteではカメラの新機能として「ARレンズ」も追加する。

[田中聡,ITmedia]

 ファーウェイ・ジャパンが、SIMロックフリースマートフォン「HUAWEI Mate 10 lite」と「HUAWEI nova lite 2」に新機能を導入する。3月9日のソフトウェアアップデートにより、Mate 10 liteでは顔認証とカメラのARレンズ、nova lite 2では顔認証が利用可能になる。

 顔認証はインカメラを使ったもの。Android標準の顔認証と同じく顔の平面を認証する形で3D認証には対応していない。ただしファーウェイ・ジャパンによると、独自のアルゴリズムを使っており、写真などのなりすましでは認証されにくくなる他、目をつむった状態(寝顔)では認証されないよう対策しているという。写真での認証は、例えば「スマホの画面に映した顔だと画像がゆがむことがあるので認証率は下がる」(同)が、写真で100%認証を防げるわけではない。認証率は公表していない。なお、マスクを着用しているなど、顔の一部が隠れた状態でも認証はできない。

 画面を点灯させると自動でロックが解除される「ダイレクトロック解除」と、顔認証が終わった後に画面をスライド(スワイプ)するとロックが解除される「スライドしてロックを解除」の設定を利用できる。後者は「iPhone X」と同様の手順だ。ロック画面の通知内容は、顔が認証されたときのみ表示できるが、この設定はオフにもできる。

HuaweiHuawei 「設定」に「顔認証」が追加された。ここから顔を登録する
HuaweiHuawei 顔を丸い枠内に入れて登録する(写真=左)。顔認証後、スライドしてロックを解除するか、ロック画面に通知内容を表示するかを設定できる(写真=右)
Huawei 顔認証を設定すると、認証中にロック画面に鍵アイコンが出る

 ARレンズは、カメラを向けた被写体の顔を認識し、顔の周りにエフェクトを加えたり、被写体の背景を変更したりできる機能。Mate 10 liteのアウトカメラとインカメラの両方で利用できる。変更する背景の素材として、プリセットされていない画像も使えるので、例えば好きなタレントと一緒に写る、自分の写真を背景にして自分を写して双子のように見せる、といった使い方もできる。

HuaweiHuawei エフェクト追加や背景変更ができる「ARレンズ」
Huawei ウサギやネコの耳などが顔に合わせて表示される
Huawei 背景変更は、さまざまな応用ができる

【更新:2018年3月13日9時44分 ファーウェイ・ジャパンからの要望を受け、ARエフェクトのスライド写真1点を削除致しました】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう