ニュース
» 2018年03月19日 18時58分 公開

月サポなしの「ジョジョスマホ」を購入して“割引”を受ける方法

「JOJO L-02K」が3月23日に発売される。12万5712円と高額ながら、端末購入補助が一切付かない。でも、割引を受ける方法がある。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモが3月23日に発売する“ジョジョスマホ”こと「JOJO L-02K」は、価格が12万5712円(税込、以下同)と高額ながら、「月々サポート」や「端末購入サポート」などの割引が効かない。ジョジョファンの「覚悟」が試される価格設定だが、JOJO L-02K購入後に割引を受ける方法がある。

 それは、JOJO L-02Kの購入前に「docomo with」対応機種を購入することだ。あるいは、今docomo with対象機種を使っている人は、そのままJOJO L-02Kに機種変更すれば良い。どういうことか?

JOJO L-02K 「JOJO L-02K」

 docomo withでは、対象機種を購入すると、その機種を使い続けている限り月額1500円が永続的に割り引かれる。docomo withから他の端末に機種変更すると、1500円の割引は終了するが、例外がある。それは、「端末購入補助(月々サポート・端末購入サポート等)を適用せずに定価で購入した場合」や、「SIMロックフリースマホなど別の端末にSIMを差し替えて利用した場合」だ。

JOJO L-02K 次のドコモ端末を定価で購入して端末購入補助がなければ、docomo withの割引は継続される

 JOJO L-02Kは端末購入補助が一切適用されないため、docomo withから乗り換えても、1500円の割引は継続される(念のため、ドコモ広報部に確認済み)。現在、docomo with対象機種で最も安いのは、「MONO MO-01K」の2万5272円。MONO MO-01Kを一括で購入してすぐにJOJO L-02Kに機種変更すれば、端末代は2万5272円余分に払う必要があるが、この金額は1500円の割引を17回受ければ(割引額が2万5500円になるので)回収できる。重ちーの「ハーヴェスト」が毎月、割引を集めてくれると考えればよい。

JOJO L-02K 現在のところ、docomo with対象機種では「MONO MO-01K」が最安だ

 JOJO L-02Kを17カ月以上、「確実!」に使うのであれば、MOMO MO-01Kから乗り換えるのも一考の価値がある。手続き上、先にMONOを買うのが間に合わなければ、JOJO L-02Kを購入してからMONOに機種変更するのもよいだろう。

 もちろん、現在docomo withの対象機種を使っている人は、JOJO L-02Kに乗り換えても1500円の割引は継続されるので安心だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう