レビュー
» 2018年03月28日 18時38分 公開

iPad Proとは何が違う? 「新しいiPad」ファーストインプレッション (1/2)

Apple Pencilに対応した9.7型の「iPad」が発表された。3万7800円(税別)からと従来の廉価版iPadから価格を据え置いており、コストパフォーマンスが高い。ここでは、新iPadの実機を写真ともに見ていきたい。

[石野純也,ITmedia]

 Appleは、3月27日(現地時間)に、教育向けの各種施策を発表した。そこで発表されたデバイスが、Apple Pencilに対応した9.7型の「iPad」だ。プロセッサに「A10 Fusion」を採用しており、AR対応のアプリも快適に動かせるのが特徴。iPad Proほどではないが十分なパフォーマンスを持ち、Apple Pencilに対応しながら、3万7800円(税別)からと従来の廉価版iPadから価格を据え置いている。ここでは、その実機を写真とともに見ていきたい。

iPad Apple Pencilに対応した9.7型の「iPad」

 Apple Pencilに対応したiPadだが、デザインのベースになっているのは、9.7型のiPadだ。10.5型の「iPad Pro」のように、ディスプレイ周りのベゼルが細くなっているわけではなく、伝統的なiPadの見た目を踏襲している。本体の背面には金属が採用されており、右側面にボリュームキーを備える。今回借りているのは、Wi-Fi+Cellular版なので、SIMカードスロットも右側面下部に搭載されている。

iPad デザイン的には、従来型の9.7型iPadを踏襲しているため、左右のベゼルはある程度目立つ
iPad 厚さは7.5mm。右側面にボリュームキーとSIMカードスロットを配置する
iPad
iPad 試用した実機はスペースグレー

【訂正:2018年3月30日15時37分 初出時に、実機のカラーを「シルバー」としていましたが、正しくは「スペースグレー」です。おわびして訂正致します】

 2017年、10.5型のiPad Proが登場するまで、ラインアップには9.7型のiPad Proも存在していたが、それともデザインは異なる。例えば、Wi-Fi+Cellular版の背面上部にあるアンテナは、iPad Proだと細い線だけだったのに対し、新しいiPadは上部の一部が黒いパーツで占められている。Apple SIMの扱いも異なり、iPad Proは内蔵だったのに対し、新iPadはSIMカードスロットにApple SIMを挿入しなければならない。7.5mmと厚みもある。

iPad Wi-Fi+Cellular版では、iPad Proとの違いが明確に出ており、アンテナ部分が目立つデザインになっている
iPad Apple SIMは内蔵ではなく、SIMカードとして挿す形になった

 また、ディスプレイもTrue ToneやP3の色域に非対応だ。センサーや液晶パネルも、iPad Proよりグレードは下がっている。スピーカーはステレオだが、底面にのみ搭載される形で、カメラも800万画素だ。ディスプレイサイズこそ9.7型版のiPadと同じだが、旧来からあったiPadをApple Pencilに対応させ、スペックアップを図ったのが、新しいiPadといっていいだろう。

 その差は価格に如実に表れており、冒頭述べたように、Wi-Fi版の32GBモデルは3万7800円と、Apple Pencil対応iPadの中では最安となる。Apple Pencilは使いたいが、iPad Proの価格にはどうしても二の足を踏んでいたユーザーには、待ちに待った端末といえるかもしれない。各ユーザーの使い方に依存するところはあるが、筆者はタブレットであまり写真を撮らないため、画素数が上がっていないことより、むしろ背面がフラットになっていることの方がうれしかったりもする。

iPad カメラが本体から飛び出しておらず、フラットでスマートだ

 低価格を打ち出したiPadとはいえ、部分的には9.7型のiPad Proを超えているところもある。プロセッサがそれだ。新iPadにはA10 Fusionが採用されており、2017年に発売された9.7型のiPadよりも、CPUで40%、GPUで50%の性能アップが図られている。パフォーマンスが高いゆえに、AR対応アプリもきちんと動き、それを教育に生かせるというのがAppleの描くシナリオだ。

 実際、いくつかアプリを起動してみたが、動作速度は十分。普段、ディスプレイが120Hz駆動のiPad Proを使っているためか、やや滑らかさに欠けると思えたところはあるが、ストレスを感じるほどではない。価格差を考えると、これで十分だと思えてくる。ベンチマークアプリの結果も、パフォーマンスの高さを物語る。「Geekbench 4」で測定したCPUスコアは、シングルコアが3435、マルチコアが5908となった。

iPad
iPad Geekbench 4で測定したスコア。メモリは2GB搭載されているようだ

 マルチコアのスコアこそ10.5型のiPad Proにはかなわないが、シングルコアスコアは匹敵するレベルといえる。「Metal」のスコアは1万3355点。3万点に迫る10.5型のiPad Proには及ばないものの、こちらも「A9X」を採用した初代iPad Proに近い数値だ。iPadという名称ではあるが、Apple Pencilに対応しているところや、CPUとGPUの性能は、iPad Proシリーズを名乗ってもいいほどのレベルになっている。

 ベンチマークはあくまでパフォーマンスを示す指標の1つでしかないが、コストパフォーマンスは高い。ちなみに、Geekbenchが示した情報によると、メモリ(RAM)は2GB搭載されているようだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう