ニュース
» 2018年06月11日 15時22分 公開

トリプルカメラ搭載の「HUAWEI P20 Pro」、ドコモが6月15日に発売 MNPなら実質2万円台半ば

ドコモが「HUAWEI P20 Pro」を6月15日に発売する。ライカと共同開発したトリプルカメラを搭載している。価格は一括10万円台だが、MNPなら実質2万円台半ばまで割り引かれる。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモは、Huawei製のスマートフォン「HUAWEI P20 Pro HW-01K」を6月15日に発売する。カラーはミッドナイトブルーとブラックの2色。

HUAWEI P20 Pro 「HUAWEI P20 Pro HW-01K」

 価格(税込)は一括が10万3680円で、「月々サポート」は新規契約と機種変更が1944円、MNPが3375円適用され、24回分を引いた実質価格は新規契約と機種変更が5万7024円、MNPが2万2680円となる。

HUAWEI P20 Pro ミッドナイトブルー
HUAWEI P20 Pro ブラック

 P20 Proは、ライカ(Leica)と共同開発した3つのカメラを背面に搭載しており、約2000万画素のモノクロセンサー、約4000万画素のカラーセンサー、約800万画素の望遠カメラで構成される。望遠カメラを組み合わせることで、画質劣化を抑えた光学5倍相当のハイブリッドズームが可能だ。

 最新プロセッサ「Kirin 970」に搭載されている、AIの演算に特化した「NPU(Neural-network Processing Unit)」により、500以上のシナリオ、19の撮影シーンを識別し、人物、猫、食事、花、夜景など、被写体によって最適な画質に自動で調整してくれる。AIが揺れを予測する機能と、1/1.7型の大きなセンサーを組み合わせることで、三脚無しでも夜景を美しく撮れるという。

 ディスプレイはアスペクト比が19:9と縦長の約6.1型有機EL(1080×2240ピクセル)を採用。ディスプレイ上部にはノッチ(切り欠き)があるが、画面上部を黒くしてノッチを隠す設定もある。ディスプレイの下には指紋センサーを搭載しており、センサー型のホームボタンとしても使える。

 メインメモリは6GB、内蔵ストレージは128GB、バッテリー容量は3900mAhと基本スペックも高いが、外部メモリスロットは搭載していない。IPX7の防水、IP6Xの防塵(じん)に対応する他、日本独自の機能として「おサイフケータイ」もサポートする。ワンセグ/フルセグは利用できない。通信速度は理論値で下り最大988Mbps、上り最大75Mbps。

 P20 Proを購入して、キャンペーンサイトから応募をすると、先着1万人にdポイント5000ポイントをプレゼントするキャンペーンを実施する。

「HUAWEI P20 Pro HW-01K」の主な仕様
機種名 HUAWEI P20 Pro HW-01K
メーカー Huawei
OS Android 8.1
プロセッサ Kirin 970/2.4GHz 4コア+1.8GHz 4コア
メインメモリ 6GB
ストレージ 128GB
外部メモリ
ディスプレイ 約6.1型フルHD+ 有機EL
解像度 1080×2240ピクセル
連続通話時間 約920分(LTE)、約920分(3G)、約910分(GSM)
連続待受時間 約330時間(LTE)、約360時間(3G)、約240時間(GSM)
バッテリー容量 3900mAh
アウトカメラ 有効約4000万画素CMOS(カラーセンサー)+有効約2000万画素CMOS(モノクロセンサー)+有効約800万画素CMOS(望遠レンズ)
インカメラ 有効約2400万画素CMOS
ボディーカラー ミッドナイトブルー、ブラック
サイズ 約74(幅)×155(高さ)×7.9(奥行き)mm
重量 約180g

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう