ニュース
» 2018年06月26日 13時57分 公開

じぶん銀行、2019年春に「スマホデビット」決済を開始 QUICPay+で支払い

じぶん銀行が、2019年春に「じぶん銀行スマホデビット」決済サービスを開始する。買い物をすると、じぶん銀行の口座からそのまま引き落とされる。QUICPay+対応店舗とオンラインで利用できる。

[田中聡,ITmedia]

 じぶん銀行が、ジェーシービーとの協業により、2019年春に「じぶん銀行スマホデビット」を開始する。

じぶん銀行 店舗とオンラインの両方で支払いができる

 じぶん銀行スマホデビットは、支払金額がじぶん銀行の口座からそのまま引き落とされる決済サービス。「じぶん銀行」アプリからバーチャルデビットカードが即時発行されるので、紙での申し込みは不要。

 支払い手段はQUICPay+に対応しており、店頭の決済端末にスマホをかざすだけでよい。QUICPay+は全国のコンビニエンスストア、スーパー、レストランなど約72万の加盟店で利用できる。一般的なデビットカードと同じく、カード番号を用いてECサイトでの決済にも使える。

じぶん銀行 店舗での支払いイメージ

 じぶん銀行の普通預金口座を持っている人がサービスの対象だが、QUICPay+での支払いは「おサイフケータイ」に対応したAndroidのみで、iPhoneは利用できない(Apple Payには対応しない)。iPhoneではインターネットでの決済のみ利用できる。

 じぶん銀行によると、対面と非対面の両方に対応したカードレスのデビット決済は、このサービスが国内初だという。スマートフォンを使ったデビット決済は、みずほ銀行も同行の口座と連携したデビット決済サービスを「みずほWallet」アプリで提供しており(関連記事)、こちらも店舗での支払いにはQUICPay+を使う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう