ニュース
» 2018年07月10日 07時10分 公開

「iOS 11.4.1」配信開始 ロック中のUSBアクセサリ接続が初期設定でロック解除要に

Appleが「iOS 11.4.1」の配信を開始した。22件のセキュリティ関連の修正やバグ修正の他、「USBアクセサリ」設定が追加された。初期設定で、ロック後1時間たつとMacやUSB周辺機器に接続する際にロック解除が必要になる。

[佐藤由紀子,ITmedia]
 ios 1

 米Appleは7月9日(米国時間)、iOSデバイス向けの最新OS「iOS 11.4.1」を配信した。セキュリティの改善やバグ修正に加え、USBアクセサリ接続を制限する設定が追加された。

 アップデート画面にある修正点についての説明は、以下の2点。

  • "iPhoneを探す"で、AirPodsの最後の位置情報を見ることができない問題を修正
  • Exchangeアカウントで、メール、連絡先、メモの同期の信頼性を改善

 これ以外に、Appleが6月に表明していたUSB機器による強引なロック解除を阻止するための設定が追加された。

 iOS 11.4.1にアップデートすると、[設定]→[Touch ID(Face ID)とパスコード]→(パスコード入力)→[USBアクセサリ]という項目が追加される。これは初期設定で無効になっており、この状態だと「iPhoneがロックされてから1時間以上経ったときにUSBアクセサリを接続できるようにするにはiPhoneのロックを解除します」と説明がある。

 ios 2 「USBアクセサリ」は初期設定で無効

 Appleのサポートページによると、パスコードを設定してあるiPhone、iPad、iPod touchはiOS 11.4.1以降をインストールしたら、Mac、PC、USB周辺機器に接続するにはロック解除する必要があるという。

 ロックが有効になってから1時間以上たつiOS端末をそのままMacなどに接続しても、接続先で認識されず、場合によっては充電もされない。その場合はiOS端末の画面にロックを解除するよう通知が表示される。

 上画像の設定で「UBSアクセサリ」を有効にすれば、従来通りロック中のiOS端末をMacやUSB周辺機器に接続して使える。

 これは、2016年にAppleが銃乱射事件の死亡した犯人のiPhoneのロックを解除するよう裁判所から協力を命じられ、それを拒否したことに端を発する。Appleに協力を拒否された米連邦捜査局(FBI)はロック解除サービスを利用した。

 新機能により、ロック解除サービスを使ってもロックは解除できなくなる見込み。Appleは6月にメディア向け声明文で「われわれは顧客をハッカー、個人情報の盗難や侵入から保護するため、あらゆる製品のセキュリティ保護を常に強化している。われわれは法執行機関に対して最大の敬意を払っており、そうした機関を挫折させるような設計はしていない」と説明した。

 セキュリティ関連では22件の問題を修正した。

関連キーワード

iOS | iOS 11 | 周辺機器 | 情報盗難


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう