ニュース
» 2018年10月25日 19時50分 公開

まず「UNiCASE」が導入:カードレス後払いサービス「atone」が実店舗決済に対応 その狙いは?

スマートフォンアプリを使ったカードレス後払いサービス「atone(アトネ)」が、実店舗におけるコード決済に対応。まずはCCCフロンティアのスマートフォンアクセサリーショップ「UNiCASE」(一部店舗を除く)が10月25日から順次導入する。

[井上翔,ITmedia]

 ネットプロテクションズは10月25日、カードレス後払いサービス「atone(アトネ)」をCCCフロンティアが運営するスマートフォンアクセサリーショップ「UNiCASE(ユニケース)」の12店舗に順次導入することを発表した。同サービスの実店舗への本格導入は、UNiCASEが初となる。

実店舗決済のイメージ

実店舗決済の使い方

 実店舗でatoneを使う際の流れは以下の通り。

  1. 店員に「atoneで支払う」と伝える
  2. 店員がタブレット端末に決済金額を入力する
  3. タブレット端末に表示された決済金額が正しいかどうか確認する
  4. 手持ちのスマホでatoneアプリを起動し「コード決済」をタップする
  5. スマホのカメラでタブレット端末に表示されたQRコードを読む
  6. atoneアプリに表示された決済金額を確認して「決済する」ボタンをタップ
  7. タブレット端末とスマホの双方に完了画面が出れば決済成立

 利用代金は、請求はがきを使ってコンビニエンスストアで支払う。請求の締め日は毎月末で、支払いの期日は利用翌月の20日となる。

店舗端末画面 店舗側のタブレット端末(iPad)。決済金額を入力すると、金額の確認画面と決済用QRコードが表示される
確認画面 atoneアプリでQRコードを読み込むと決済確認画面になるので、内容に問題がなければ「決済する」ボタンをタップする
決済完了 決済が完了するとアプリ上に表示が出る(写真提供:ネットプロテクションズ)

対象店舗

 atoneによる決済に対応するUNiCASEの店舗は以下の通り。順次導入となるため、利用可能になるタイミングは店舗によって異なる。対応店舗には掲示があるので確認しよう。

  • UNiCASE 札幌パルコ(札幌市中央区)
  • UNiCASE 仙台パルコ(仙台市青葉区)
  • UNiCASE 東急プラザ表参道原宿(東京都渋谷区)
  • UNiCASE 池袋パルコ(東京都豊島区)
  • UNiCASE 名古屋パルコ(名古屋市中区)
  • UNiCASE 河原町オーパ(京都市中京区)
  • UNiCASE ルクア(大阪市北区)
  • UNiCASE 天王寺ミオ(大阪市天王寺区)
  • UNiCASE 心斎橋(大阪市中央区)
  • UNiCASE アミュエスト博多(福岡市博多区)
  • UNiCASE ラシック福岡天神(福岡市中央区)
  • UNiCASE 福岡パルコ(福岡市中央区)
UNiCASE 東急プラザ表参道原宿 atone決済を導入する店舗の1つ「UNiCASE 東急プラザ表参道原宿」。10月25日から利用できる
掲示 atone決済に対応する店舗では、写真のような掲示が行われている

お試しキャンペーン

 atoneの実店舗対応を記念して、上記の対象店舗とUNiCASEのオンラインストアでは「お試しキャンペーン」を実施する。このキャンペーンでは、1回の買い物で2500円(税込)以上購入し、代金の支払いにatoneを利用すると、請求金額から500円が割り引かれる。

 キャンペーン期間はオンラインストアでは11月1日まで、実店舗では11月8日まで。詳細はUNiCASEのサイトで確認してほしい。

後払いは「カード」だけにあらず

 UNiCASEでは利用客の利便性を考えて実店舗、オンラインストア共にさまざまな決済手段に対応している。今回のatone決済の実店舗導入も利便性向上の一環で、オンラインストアで導入済みだったことも決め手だったようだ。

UNiCASEのオンラインストアでの決済手段 UNiCASEのオンラインショップではatone(とWebショップ向け後払いサービスの「NP後払い」)導入済み

 一方、atoneを実店舗決済にも対応させた狙いについて、ネットプロテクションズの杉山崇氏(atoneユニットマネージャー)は「後払いの方法は(クレジット)カードだけではないことを示したかった」と語る。UNiCASEへの導入をきっかけに、飲食店を始めとするさまざまな業態に展開していく計画だ。

 atoneの実店舗決済はコード決済を用いる。コード決済にはさまざまな企業が参入してきており競争も激しくなりそうだが、杉山氏は「カードレスの後払いという点で(他のサービスとは)すみ分けができる」と、他のコード決済とユーザーを取り合うような事態にはならない見通しを示した。

 その上で杉山氏は「キャッシュレス決済を進める観点では、(いろいろなコード決済サービスが)出てくることはありがたいこと」と語る。コード決済の普及と加盟店の拡大に向けて、今後は他事業者との連携も積極的に検討していくという。

杉山さん ネットプロテクションズの杉山崇氏

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう