特集
» 2007年08月14日 11時00分 UPDATE

真夏のUMPC徹底攻略:第1回 LOOX UとSH6の性能を見極める (1/2)

暑い夏はノートPCも小さく、軽く、スマートに持ち歩きたい。本特集では、品薄が続く人気UMPCの「LOOX U」と「KOHJINSHA SH6」を触り比べてみた。

[坪山博貴,ITmedia]

Intel Ultra Mobile Platform 2007で“小さくて安い”UMPCが現実に

 この夏は、インテルがUMPC(Ultra-Mobile PC)向けプラットホームの「Intel Ultra Mobile Platform 2007」を投入したことにより、コストパフォーマンスの高い小型ノートPCが国内で相次いで販売され、好評を博している。それが、富士通の「FMV-BIBLO LOOX U」と工人舎の「KOHJINSHA SH6」シリーズだ。

tm0708lush6_01.jpgtm0708lush6_02.jpg FMV-BIBLO LOOX U(写真=左)とKOHJINSHA SH6(写真=右)。SH6はブラックのカラーも用意されている

 これらはB5サイズ未満の小型ノートPCだが、その枠の中でもサイズ、価格ともに違いがあり、メーカーが想定する主要な購買層も異なっている。しかし、どちらも「小型で軽量、しかも安価なノートPC」であることは確かで、UMPCが欲しいと考えているユーザーにとって、非常に気になる存在だろう。

 2製品ともすでに量産試作機でのファーストインプレッション記事などは掲載済み(以下の囲み参照)だが、試作機ということでベンチマークテストなどの検証が行えていなかった。今回は製品版をほぼ同時に入手できたので、改めて注目度の高いこの2製品をさまざまな面から比較してみた。第1回はベンチマークテストの結果から、パフォーマンスの違いを検証する。


小型化を優先したLOOX U、汎用性に重きを置いたSH6

 今回試用したモデルは、富士通の「FMV-BIBLO LOOX U50WN」(以下、U50WN)と工人舎の「KOHJINSHA SH6WP10A」(以下、SH6WP10A)だ。検証に入る前に、両製品のスペックを簡単におさらいしておこう。いずれもチップセットにグラフィックス機能内蔵のIntel 945GU+ICH7Uを採用し、タッチパネル付き液晶ディスプレイを搭載している。

 U50WNは、外形寸法171(幅)×133(奥行き)×26.5〜32(高さ)ミリ、重量約580グラムの小型軽量ボディが身上だ。CPUは800MHz動作のIntel A110、メインメモリは1Gバイト(PC2-3200)、HDDは1.8インチタイプで容量が40Gバイトとなっている。液晶ディスプレイは5.6インチワイドで、解像度は1024×600ドットだ。OSには、現時点での安定性が高く、動作も軽いWindows XP Professional(SP2)をプリインストールしている。

 一方のSH6WP10Aは、外形寸法227(幅)×170(奥行き)×25.4〜33(高さ)ミリ、重量約993グラムとU50WNより大きめだが、それでもモバイルノートPCとしてはかなり小さい。CPUは600MHz動作のIntel A100、メインメモリは1Gバイト(PC2-3200)、HDDは2.5インチタイプの100Gバイトといったスペックだ。液晶ディスプレイは7インチワイドと大きいが、解像度は1024×600ドットと変わらない。OSには最新のWindows Vista Home Premiumをプリインストールしている。

 SH6WP10Aは、CPUのクロックこそ低いが、HDDに入手性が高く大容量の2.5インチタイプを採用している点、そしてU50WNにはないワンセグチューナーやWebカメラ、Bluetooth V2.0+EDRを内蔵している点が見どころになる。

tm0708lush6_03.jpgtm0708lush6_04.jpgtm0708lush6_05.jpg U50WNとSH6WP10Aのサイズ比較。厚さはほぼ同じだが、横幅と奥行きはU50WNのほうが断然小さく、フットプリントは文庫本より一回り大きい程度に収まっている

 価格は、下表の構成でU50WNが15万4800円、SH6WP10Aが11万9800円と差がある。U50WNは富士通の直販サイト「WEB MART」から購入でき、一部仕様のカスタマイズが可能だ。512Mバイトメモリ、30GバイトHDDを選択し、無線LAN機能を省くことで、価格は13万9800円まで下げられるが、快適に動作させるためにできるだけハイスペックな構成を選択したい。SH6WP10Aは、同社のWebサイトのほか、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ソフマップ、ベスト電器、上新電機の主要店で購入できる。

FMV-BIBLO LOOX U50WNとKOHJINSHA SH6WP10Aのスペック
製品名 FMV-BIBLO LOOX U50WN KOHJINSHA SH6WP10A
実売価格(8月14日現在) 15万4800円 11万9800円
CPU Intel A110(800MHz) Intel A100(600MHz)
L2キャッシュ 512KB 512KB
チップセット Intel 945GU Express+ICH7U Intel 945GU Express+ICH7U
メモリ 標準1GB(PC2-3200)/最大1GB 標準1GB(PC2-3200)/最大1GB
メモリスロット オンボード 200ピンSO-DIMM×1(空き0)
液晶ディスプレイ タッチパネル対応5.6インチワイド液晶(LEDバックライト) タッチパネル対応7インチワイド液晶(LEDバックライト)
画面解像度 1024×600ドット 1024×600ドット
グラフィックスチップ チップセット内蔵 チップセット内蔵
グラフィックスメモリ 最大224MB(メインメモリと共有) 最大251MB(メインメモリと共有)
HDD 40GB(1.8インチ) 100GB(2.5インチ)
光学ドライブ
キーボード 日本語56キー 日本語84キー
キーピッチ 14ミリ 15.9ミリ
キーストローク 1.3ミリ 1.5ミリ
ポインティングデバイス スティックポイント+タッチパネル タッチパッド+スティックポインタ+タッチパネル
有線LAN 100BASE-TX/10BASE-T 100BASE-TX/10BASE-T
無線LAN IEEE802.11a/g/b IEEE802.11g/b
Bluetooth Bluetooth 2.0+EDR
サウンドチップ チップセット内蔵 チップセット内蔵
スピーカー モノラル ステレオ(0.5ワット+0.5ワット)
ワンセグチューナー 標準内蔵(データ放送は非対応)
Webカメラ 130万画素(液晶ディスプレイ上部に内蔵)
メモリカードスロット CF TypeII×1、SDメモリーカード CF TypeII×1、SDメモリーカード(SDHC対応)/メモリースティック/MMC
USB USB 2.0×1 USB 2.0×2
外部ディスプレイ出力 アナログRGB(D-Sub 15ピン)×1 アナログRGB(D-Sub 15ピン)×1
バッテリー駆動時間 約4時間(標準) 約3.3時間(標準)
バッテリー充電時間 約2.5時間 約2.3時間
バッテリー仕様 リチウムイオン(7.2ボルト2600mAh) リチウムイオン(11.1ボルト2600mAh)
外形寸法 171(幅)×133(奥行き)×26.5〜32(高さ)ミリ 227(幅)×170(奥行き)×25.4〜33(高さ)ミリ
重量 約580グラム 約993グラム
オフィススイート
OS Windows XP Professional(SP2) Windows Vista Home Premium
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.