キーワード
» 2008年02月01日 15時00分 UPDATE

アキバ百景 Vol.10:電波建物

アキバには名所や名物が溢れている。メイドさん? おでん缶? いえいえ、それだけではありません。今回は“第4電波ビルの秘密”に迫ります。

[古田雄介,ITmedia]

電波建物

og_akibam10_001.jpg 旧日通ビルのナナメ向かいのブロックにある第5電波ビル。免税店のAKKY本店が店を構えている

場所 JR秋葉原駅から北西のエリア

解説 世界有数の電気街であるアキバは、売っているものだけでなく、建物の名前にも電気街らしさが感じられる。

 最も有名なのは「電波ビル」だ。第1から第5まで、電波ビルの名を持つ建造物は電気街の各所に見つけることができる。しかし、実際に建造されたビルは全部で4つ。第4電波ビルは初めから存在しない。管理会社の寿土地建物によると、4が死を連想させるという縁起の悪さから避けることになったという。なお、電波新聞社が入っている五反田の「電波ビル」とはいっさい関係がない。

og_akibam10_002.jpg JR秋葉原駅を秋葉原クロスフィールド側に出ると、秋葉原電波会館の文字が見える

 アキバで電波といえばもう1つ、JR秋葉原駅の総武線高架下にある「秋葉原電波会館」も忘れてはならない。電子パーツの専門店などが集まっている歴史ある建物だ。

 ちなみに、いわゆる“電波系”の単語が流行したのは、1980年台の前半。それ以前から建造されていた電波建物にしてみれば、“電波”という単語の持つイメージが変わってしまったのは、少し迷惑な話なのかもしれない。


用例 「高速電脳が第4電波ビルに移転したってさ」「……いままでありがとう」

関連キーワード

アキバ | 高速電脳 | メイド


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.