ニュース
» 2008年03月11日 11時00分 UPDATE

購入しやすくなった前傾PC:デル、エントリークラスゲーミングPC「XPS 630」発表

デルは、3月11日にXPSシリーズのデスクトップPC「XPS 630」を発表した。発表同日から販売を開始する。

[ITmedia]

 XPS 630は、すでにリリースされているハイパフォーマンスゲーミングPC「XPS 720」シリーズのエントリーモデルで、価格を抑えて多くのユーザーにXPSのハイパフォーマンスPCを購入してもらえることを目的としている。

kn_xps630_01.jpg 前傾姿勢の筐体を受け継ぎながらもカラーリングの変更で雰囲気が一新した「XPS 630」

 BTOでは、XPS 720と同様にゲーミングPCとして高い性能を発揮できるパーツが用意される。グラフィックスカードでは、GeForce 8800 GTXやGeForce 8800 GTを2枚使ったNVIDIA SLIが構築できるほか、XPS 720シリーズでも選べた物理演算エンジンカード「PhysX」も搭載可能だ。

 CPUは、インテルのエントリークラスクアッドコア「Core 2 Quad Q6600」のほかに、2008年1月に発表され第1四半期に出荷が予定されていたCore 2 Quad Q9550、同 Q9300が用意される。筐体に組み込まれたマザーボードが搭載するチップセットはnForce 650i SLI、メモリの最大容量は4Gバイト(DDR2-667)、BTOで選択できるHDDの最大搭載時容量は1.5Tバイトに達する(ただし、BTOで選択できるのはHDD2基構成まで。筐体には最大3基のHDDを搭載可能)。搭載する電源ユニットの容量は750ワット。

 XPS 720シリーズで特徴的だった筐体のデザインは、前傾姿勢の筐体形状やフロントパネルを輝かせるLEDのイルミネーションなど、XPS 630にも受け継がれている。ただし、XPS 630のフロントパネルカラーリングは、漆黒だったXPS 720から、より「派手な」赤と黒のツートーンに変更され、見た目には、いかにも「3倍は速そうな」雰囲気をかもしだしている。

kn_xps630_02.jpg いや、本当に、この雰囲気は……。なお、イルミネーションは「赤」だけでなく青、緑、紫にも変更可能だ

 先に述べたように、XPS 630はXPS 720より価格を抑えてゲーミングPCとしての性能を確保することを目標として企画された。デルが示した価格重視の「ベーシック構成」では、OSにWindows Vista Home Premiumを導入し、Core 2 Quad Q6600、1Gバイトのメモリ、GeForce 8800 GTを搭載して15万6450円、「推奨構成」では、Windows Vista Ultimate、Core 2 Quad Q6600、メモリ4Gバイト、GeForce 8800 GTのNVIDIA SLI構成などで、49万9700円という価格がそれぞれ設定されている。

XPS 630 ベーシック構成 XPS 630推奨構成
OS Windows Vista Home Premium Windows Vista Ultimate
CPU Core 2 Quad Q6600 Core 2 Quad Q6600
メモリ 1Gバイト 4Gバイト
HDD 250Gバイト 750Gバイト
光学ドライブ DVD-ROM/CD-RWコンボ Blu-ray Disc ドライブ
GPU GeForce 8800GT GeForce 8800GT×2(NVIDIA SLI)
ディスプレイ なし 3008WFP
構成価格 15万6450円 49万9700円

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう