ニュース
» 2008年09月25日 11時32分 UPDATE

SAPPHIRE、ヒートパイプGPUクーラー搭載のRadeon HD 4870グラフィックスカード

アスクは、SAPPHIRE製となるRadeon HD 4870搭載PCI Expressグラフィックスカード「SAPPHIRE TOXIC HD 4870」の取り扱いを発表した。

[ITmedia]
photo SAPPHIRE TOXIC HD 4870

 アスクはこのほど、SAPPHIRE製となるRadeon HD 4870搭載PCI Expressグラフィックスカード「SAPPHIRE TOXIC HD 4870」の取り扱いを発表、9月下旬より発売する。価格はオープン、予想実売価格は3万円台後半の見込み。

 SAPPHIRE TOXIC HD 4870は、Radeon HD 4870採用のPCI Experss 2.0 x16接続対応グラフィックスカードで、冷却機構として、MICROLOOPS製の大型GPUクーラー「Vapor-X」を採用。効率的な放熱が可能となっている。

 搭載メモリは256ビットGDDR5 512Mバイト、動作周波数はコアクロック780MHz/メモリクロック2GHz。インタフェースはDVI×2(HDMI出力対応)、HDTV対応TV出力を備える。

関連キーワード

グラフィックスカード | Radeon | GPU | 冷却 | HDMI


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう