ニュース
» 2008年11月28日 14時37分 UPDATE

SSDは16Gバイトに:ASUS、「Eee PC 901-X」のスペック強化モデルを発表――“XpressPath”搭載で高速起動可

ASUSTeKは、「Eee PC 901-X」のバリエーションモデル「Eee PC 901-16G」を発表した。SSD容量が増加したほか、OS起動高速化機能も搭載。

[ITmedia]
photo Eee PC 901-16G  カラーバリエーションはパールホワイト/ファインエボニーの2色。なお画像のキーボードは英語配列だが、国内製品は日本語配列となる

 ASUSTeKは11月28日、「Eee PC 901-X」のバリエーションモデル「Eee PC 901-16G」を発表、11月29日に発売する。価格はオープン、予想実売価格は5万4800円前後だ。

 Eee PC 901-16Gは、Atom N270(1.6GHz)搭載のミニノートPC「Eee PC 901-X」をベースにしたスペック強化モデルで、搭載SSD容量を従来の12Gバイトから16Gバイトに増加した。また、「Eee PC S101」でも採用された独自のOS高速起動技術“XpressPath”を装備したのも特徴だ。

 そのほかのスペックはほぼ従来と同様だ。1024×600ドット表示対応8.9型ワイド液晶ディスプレイ、1Gバイトメモリ、130万画素Webカメラなどを内蔵する。OSはWindows XP Home Edition(SP3)。バッテリーは6セルバッテリーを内蔵し、駆動時間は最長で約8.1時間をうたう(901-Xは約8.3時間)。本体サイズは225(幅)×175.5(奥行き)×22.7〜39(高さ)ミリ、重量は約1.1キロ。

 901-Xの12GバイトSSDは、4Gバイト(Cドライブ)と8Gバイト(Dドライブ)という2枚のモジュールで構成されていたが、901-16GのSSDは16Gバイト(Cドライブ)の1枚構成となった。ASUSTeKの日本法人によれば、新採用の16GバイトSSDモジュールはS101と同じMini PCI Express型で、底面のカバーを外した場所にあるスロット(901-XではDドライブ用のスロット)に装着され、本体を分解することでアクセスできるマザーボードにもう1つあるスロット(901-XではCドライブ用のスロット)は空いている。将来的に空きスロットは廃止する可能性もあるという(2008年11月28日20時30分/編集部追記)。

関連キーワード

Eee PC | SSD | ASUS | バッテリー | UMPC | Atom | ノートPC | Webカメラ | Windows XP


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.