ニュース
» 2009年01月06日 14時00分 UPDATE

2009年PC春モデル:CPUとHDDを強化したパフォーマンスモバイルノート──「VAIO type Z」

店頭向けで新規モデルが登場したVAIO type Zは基本機能を強化したほか、VAIOオーナーメードモデルでは新柄が追加された。

[ITmedia]
kn_typez_01.jpg 2009年春モデルで投入された店頭向けの「VGN-Z71B」

 2008年秋冬モデルシーズンは夏モデルが継続して販売されたVAIO type Zだが、2009年春モデルでは新しく「VGN-Z71B」が投入された。ボディデザインや搭載されるインタフェースは従来モデルと共通だが、CPUが従来のCore 2 Duo P9500(2.53GHz)からCore 2 Duo P9600(2.66GHz)に強化されたほか、HDD容量が従来の200Gバイトから320Gバイトに、標準のメモリ容量が従来の2Gバイトから4Gバイトへとそれぞれ増えている。メモリが標準で4Gバイトに増えたことから、導入されるOSも64ビット版のWindows Vista Home Premium(SP1)に変更された。

 VGN-Z71Bの実売価格は約25万円前後になる見込み。出荷は1月16日からの予定だ。

 VAIOオーナーメードモデルでは、これまで選べた3パターンの柄のうち「ラインフォーレスト」がなくなったが、新たに「シャドーボーダー」と「ラインストーム」が追加された。CPUでも動作クロック2.93GHzのCore 2 Duo T9800が選択肢として用意されている。ただし、Core 2 Duo T9800はTDPが35ワットと消費電力が増えているため、ソニーではバッテリー駆動とパフォーマンスの両方を重視するユーザーにはTDPが25ワットのCore 2 Duo P9600(2.66GHz)を勧めている。

kn_typez_02.jpgkn_typez_03.jpg 新たに追加された新柄の「シャドーボーダー」(写真=左)と「ラインストーム」(写真=右)

VAIOノートPC店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
VAIO type Z VGN-Z71JB 2スピンドル 64ビットOS採用 Core 2 Duo P9600(2.66GHz) 4096MB(DDR3) 320GB 64ビット版Home Premium(SP1) 25万円前後
VAIOノートPC店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
VAIO type Z VGN-Z71JB 13.1型ワイド 1366×768 Intel GM45 2層対応DVDスーパーマルチ GeForce 9300M GS/チップセット内蔵 約1.45キロ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう