ニュース
» 2009年06月23日 13時39分 UPDATE

危険サイトや詐欺サイトを独自検知でブロックする「Internet SagiWall 2.0」

セキュアブレインは、個人向けセキュリティ対策ソフト「Internet SagiWall 2.0」を発表。従来の詐欺サイト検知機能に加え、偽ソフト配布サイトなどの悪質サイトブロック機能も備えた。

[ITmedia]

 セキュアブレインは6月23日、個人向けセキュリティ対策ソフト「Internet SagiWall 2.0」を発表、ダウンロード販売を開始した。価格は2980円(税込み)/1年間。

 Internet SagiWall 2.0は、詐欺サイトへのアクセスをブロックするセキュリティソフト「Internet SagiWall」の新版。従来のワンクリック詐欺/フィッシング詐欺詐欺対策機能に加え、ウイルスや偽ソフトウェアなどを配布する悪質サイトへの自動ブロック機能を追加した。表示されるコンテンツやリンク情報など複数の要素を分析して自動的に判断するヒューリスティック検知エンジンを搭載しており、未知の危険なWebサイトも高い精度での検出が可能としている。

 対応OSはWindows XP(SP2以降)/Vista/7(いずれも32ビット版のみ)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう