ニュース
» 2009年08月24日 16時09分 UPDATE

万一の盗難にも安心な“遠隔データ消去”機能内蔵ノートPC発売――富士通

富士通は、万一の紛失/盗難時に備えた遠隔データ消去機能を内蔵する法人向けモバイルノートPC「FMV-S8390」を発売する。

[ITmedia]
photo FMV-S8390

 富士通は8月24日、遠隔データ消去機能を内蔵する法人向けモバイルノートPC「FMV-S8390」を発表、9月下旬より発売する。価格はCore 2 Duo P8700搭載モデルが24万9000円、Celeron 900搭載モデルが21万6000円。

 FMV-S8390は、紛失/盗難対策ソリューション「CLEARSURE」に対応したノートPCで、専用の通信モジュールと暗号化機能付きHDDを標準搭載。管理サーバは別途用意されているため、サーバ設置など他の初期投資なしで「CLEARSURE」によるデータ消去/ロック機能を利用することができる。

 内蔵の通信モジュールは常時待ち受け状態が維持されるため、PCの電源がオフの状態でもHDD内のデータ消去/ロック動作が可能だ。CLEARSURE機能は標準で1年間利用が可能で、購入時のカスタムオプションにて最大5年までの選択ができる。

 本体スペックは、液晶ディスプレイが1280×800ドット表示対応の13.3型ワイド液晶、メモリがDDR3 1Gバイト、HDDが160Gバイトを内蔵。カスタムメイドにより指紋認証センサーやFeliCaポート、IEEE802.11a/g無線LANなども追加できる。OSはWindows Vista Business(XPダウングレード対応)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう