ニュース
» 2009年08月27日 13時08分 UPDATE

玄人志向、短寸設計のGeForce GTS 250グラフィックスカードなど2製品

玄人志向は、GeForce GTS 250採用グラフィックスカードの新モデル「GF-GTS250-E512HD/GRN」など計2製品を発表した。

[ITmedia]
photo GF-GTS250-E512HD/GRN

 玄人志向は8月27日、GeForce GTS 250採用グラフィックスカードの新モデル「GF-GTS250-E512HD/GRN」、およびRadeon HD 4650グラフィックスカード「RH4650-LE512HD2」の計2製品を発表、9月中旬より出荷する。価格はオープン、予想実売価格はGF-GTS250-E512HD/GRNが1万4000円前後、RH4650-LE512HD2が7100円前後(双方税込み)。

 GF-GTS250-E512HD/GRNは、Geforce GTS 250を採用したPCI Express 2.0 x16接続対応グラフィックスカードで、PCIE補助電源を6ピン×1としているのが特徴。GPUファンは内循環タイプを採用、基板長は約19.5センチ(リファレンスは約22.8センチ)のショートサイズ設計となっている。メモリは256ビットGDDR3 512Mバイト、動作周波数はコア738MHz/メモリ2.2GHz。インタフェースはアナログD-Sub/DVI/HDMIを備えた。

 RH4650-LE512HD2は、Radeon HD4650搭載のPCI Express 2.0 x16接続対応グラフィックスカードで、ロープロファイル接続に対応したモデルだ。メモリは128ビットDDR2 512Mバイト、動作周波数はコア600MHz/メモリ800MHz。インタフェースはアナログD-Sub/DVI/HDMIを利用できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう