ニュース
» 2010年01月12日 12時37分 UPDATE

日本HP、エントリーWS「HP Z400 Workstation」をリニューアル

日本ヒューレット・パッカードは、Xeon搭載のエントリーワークステーション「HP Z400 Workstation」の仕様を変更した。

[ITmedia]
photo HP Z400 Workstation

 日本ヒューレット・パッカードは1月12日、Xeon搭載のエントリーワークステーション「HP Z400 Workstation」の仕様変更を発表、“HP Z400 Workstation 後期型”として販売を開始する。CTOカスタマイズに対応、価格は15万9500円から(税込み/以下同様)。

 HP Z400 Workstationは、ミドルタワー筐体採用のエントリーWS。今回の仕様改定では、内蔵メモリスロット数を従来の4本から6本に変更したことで最大メモリ容量を24Gバイトに拡張した。また、本体前面にIEEE1394aポート×1を標準搭載している。

 そのほかのスペックは従来モデルを踏襲。CPUはXeon W3520/W3565/W3580を搭載可能で、HDDは最大Serial ATA 1Tバイト/Serial Attached SCSI 450Gバイト。グラフィックスカードはQuadro NVS 295/Quadro FX 380、FirePro V5700などを選択可能となっている。


 また、スペック改定を記念したキャンペーンモデル「HP Z400/CT Workstation 後期型 電脳Oh!仕事戦隊ぜーっとキャンペーンモデル」の販売も開始される。最小構成価格(16万7475円)の製品を9万9650円にて提供するキャンペーンで、さらに空冷から水冷への変更も無料で提供する。キャンペーン期間は1月12日から3月31日まで。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう