ニュース
» 2010年04月08日 11時00分 UPDATE

Kindleの街でiPadに出会った (1/2)

Amazon.comの本社がある米シアトルでもiPadは販売された。“アウェーの街”でApple Storeに人々は集うのか? ひょっとしてAmazon.comが何かを仕掛けるのか?

[登丸しのぶ/Shinobu T. Taylor,ITmedia]

テクノオタクの先物買い……だけじゃない!

kn_ipadse_01.jpg シアトル郊外ベルビューのショッピングモール「ベルビュースクエア」にあるApple Store。この日はディスプレイもiPad一色に

 緊迫のiPad発売当日(現地時間の4月3日)、筆者がシアトル郊外のベルビューにあるショッピングモール「ベルビュースクエア」のApple Storeに到着したのは、オープン直後の9時15分ごろ。すでに、当日販売分を狙う“予約なし”購入希望者たちの長い列が店舗から遠く離れたモール中心部の吹き抜けまで達していた。オンラインで予約をした購入希望者は、入口の反対側に列を作っている。

 Apple Storeの店員は、手に持ったカウンターで当日販売の列に並んだ人の数を数えつつ、ほかの店舗の入口をふさがないように行列を誘導していた。店員は「並んでもらってはいるが、在庫がいくつあるか自分も知らされていないので、ここにいる全員の分があるかどうかは分からない」と繰り返し説明している。

 行列の先頭にいた女性に「何時から並んでいたのか」と聞くと、「朝の6時半」とのこと。なんと、彼女はご主人が使うiPadのために早朝から並んでいるそうだ。その後ろに並ぶ男性は「これで当分ガジェットの買い物はしないからと、妻に約束してようやく来ることができたんだ」と照れながら教えてくれた。そんな彼に「iPadは単なる大きいiPodという意見もあるが」と問うと、「確かにそうかもしれない。でも、僕は iPodも好きだからいいんだよ」と答えてくれた。

 並んでいるほとんどの人がiPhoneを使っている行列で、筆者の前に並んでいた男性がAndroid端末を持っていた。聞いてみるとGoogleの元社員だという。彼は“あえて”iPadを購入する理由を次のように説明した。「ここに並んでいるほとんどの人と同じように、僕も新しいテクノロジーが好きなんだ。iPadは最高にクールなガジェットだと思うよ。でも、自分にとって本当に必要な製品かと聞かれると、答えはノーだね」。

kn_ipadse_03.jpgkn_ipadse_02.jpg 当日販売の列。モール中央の吹き抜けまで達していた(写真=左)。そして、こちらはオンライン予約をした購入希望者の列(写真=右)

おばあちゃんのプレゼントに「iPad」

kn_ipadse_04.jpg 長時間待っている購入希望者の列に、Apple Store恒例となるペットボトルの水とクッキーの配給、いや、サービス

 列に並んでいる人たちはお互いに仲間意識が芽生えるのか、初対面の他人同士なのにテクノロジーに関して熱い議論を交わす光景があちこちで見られた。私の後ろに並んだ親子連れの父親が、彼の後ろに並んだ3人組の男性に向かって「iPadのバーチャルキーボードがいかに使いにくいか」を力説していた。「そんなに不満ならなぜこの列に朝早くから並んでいるの?」と突っ込みを入れたくなったが、話の続きを聞いていると、自分の母親(彼の子どものおばあちゃん)に贈るプレゼントのために購入しようとしているようだ。

 そんなこんなで並ぶこと3時間。購入したばかりのiPadでショッピングモールの無料Wi-Fiスポットからインターネットにアクセスするユーザーが現れ始め、長時間の待ち時間に気遣った店員が、ペットボトルの水とクッキーを載せたワゴンを引いて列を巡回するなか、ようやくApple Storeに入ることができた。

 入場制限のおかげか、店内はさほど混雑していない。店員1人1人がクレジットカード決済端末を持っているので、レジに並ぶことなくその場で目的のiPadの16Gバイトモデル(Wi-Fi版)を購入できた。Apple Storeはアクティベーションしてくれるサービスも実施していたので、希望すればその場ですぐ使えるようになる。心配された在庫も潤沢だったようで、16Gバイトモデルだけでなく、32Gバイト、64Gバイトのモデルも自由に選べる状態だった。

kn_ipadse_05.jpgkn_ipadse_06.jpg 店内のディスプレイもiPadで埋め尽くされ(写真=左)、アクセサリのiPadカバーも同時に販売されていた(写真=右)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.