ニュース
» 2010年06月24日 17時00分 UPDATE

キヤノンMJ、指紋認証/タッチパネル搭載のネットワークスキャナ「ScanFront 300P」

キヤノンマーケティングジャパンは、オフィス向けの高機能ネットワークスキャナ「imageFORMULA ScanFront 300P」を7月下旬に発売する。

[ITmedia]
si_ScanFront_300P_01.jpg imageFORMULA ScanFront 300P

 キヤノンマーケティングジャパンは、ビジネス向けドキュメントスキャナ「imageFORMULA」シリーズの新製品として、キヤノン電子製ネットワークスキャナ「ScanFront 300P」を7月下旬に発売する。価格は26万400円だ(税込み)。

 ネットワーク接続対応のA4ドキュメントスキャナ。本体前面に8.4型SVGAタッチパネル液晶を搭載し、製品単体で原稿のスキャンをはじめ、スキャンしたデータの表示、ページスクロールや回転、拡大といった操作、データ保存先の設定などが行える。

 スキャンした画像はメール送信や、ネットワーク上の共有フォルダへの保存、FTPサーバへの保存、USBメモリへの保存、FAXサーバ経由でのFAX送信が可能。A3原稿を2つ折りにして両面を同時に読み取り、表裏のスキャン画像を自動的に1枚の画像に合成できる「半折りスキャン」機能も持つ。また、用紙サイズの自動検知や斜行補正、文字向き検知、裏写りや地色の除去、白紙のスキップ、カラー白黒検知、原稿重複の検知機能なども備えている。

 ボディには指紋センサーを内蔵。個人認証にも対応し(ユーザー名/パスワード入力方式も可)、最大100名までのユーザー登録を行える。ログインしたユーザー別に、メニュー画面の表示設定を変更したり、使用する機能に制限を与えることも可能だ。

 CPUにはAtom、スキャンセンサーにはCISを採用。光学解像度は600dpiだ。1パス両面スキャンをサポートし、スキャン速度はA4片面カラー時で25枚/分、A4片面モノクロ時で30枚/分(200dpi設定)となっている。名刺や免許証といったカードのスキャンも行える(厚さ0.76ミリ以下)。

 給紙トレイを閉じた状態の本体サイズは310(幅)×220(奥行き)×161(高さ)ミリ、重量は約3.6キロ。インタフェースは100BASE-TXの有線LANと4基のUSB 2.0ポートを用意し、USBにはキーボードやマウス、USBメモリを接続することもできる。

si_ScanFront_300P_02.jpgsi_ScanFront_300P_03.jpgsi_ScanFront_300P_04.jpg トレイを閉じた状態(写真=左)。8.4型SVGAタッチパネル液晶を採用(写真=中央)。指紋センサーも内蔵(写真=右)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.