ニュース
» 2010年07月01日 11時32分 UPDATE

東芝とインテル、教育用タブレットPCを共同開発

東芝は、インテルとの共同開発モデルとなる教育用タブレットPC「CM1」を発表した。

[ITmedia]

 東芝は7月1日、インテルとの共同開発モデルとなる教育用タブレットPC「CM1」を発表、8月上旬より販売を開始する。価格はオープン。

photophotophoto CM1

 CM1は、教育市場向けをうたったノートPCで、コンバーチブル対応タッチパネル液晶の搭載によりタブレットスタイルでの利用に対応した。筐体には滑りにくいラバー素材を用いたほか、取っ手を装備するなど校内での持ち運びにも配慮した設計だ。

 ディスプレイは1366×768ドット表示対応の10.1型タッチパネル液晶を搭載。CPUはAtom N450、メモリは2Gバイト、HDDは160Gバイトを内蔵する。OSはWindows 7 Professional 32ビット版。本体サイズは約268(幅)×216(奥行き)×35.6〜57(高さ)ミリ、重量は約1.8キロ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう